野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

TJ手術の元守護神や19年開幕投手左腕も…中日、今季復帰が期待される選手たちは?

2020年は8年ぶりのAクラス入りを果たした中日。シーズン序盤は苦戦が続いたものの、沢村賞を獲得したエースの大野雄大投手の活躍もあって終盤に巻き返した。与田剛監督の3年目となる2021年。10年ぶりのリーグ優勝と16年ぶりの日本一を目指すには、さらなる底上げが欠かせない。昨季までは不本意に終わったものの、欠かせない戦力と復活が期待される選手を取り上げる。

中日・田島慎二(左)と平田良介【写真:荒川祐史】
中日・田島慎二(左)と平田良介【写真:荒川祐史】

2016年に開幕から31試合連続無失点の田島は今季初の登板なし

 2020年は8年ぶりのAクラス入りを果たした中日。シーズン序盤は苦戦が続いたものの、沢村賞を獲得したエースの大野雄大投手の活躍もあって終盤に巻き返した。与田剛監督の3年目となる2021年。10年ぶりのリーグ優勝と16年ぶりの日本一を目指すには、さらなる底上げが欠かせない。昨季までは不本意に終わったものの、欠かせない戦力と復活が期待される選手を取り上げる。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

○田島慎二

 昨年4月に右肘のトミー・ジョン手術を受け、2012年のプロ入り後初めて登板なしに終わった。2016年には開幕から31試合連続無失点のプロ野球記録を樹立。2017年には63試合に登板して34セーブを挙げた“タジ魔神”も、2018年は30試合、2019年は21試合と下降線をたどってきた。手術を乗り越え、鮮やかに返り咲きなるか。

○岡田俊哉

 昨季は開幕から守護神を担うも、安定感を欠いて7月中旬からは中継ぎに配置転換。9月上旬には2軍再調整となった。29試合に登板して2勝2敗3ホールド3セーブ、防御率4.88。与四球率5.25と制球に苦しんだ。2019年には53試合に登板しており、ハマれば手が付けられない。プロ12年目で30歳を迎える2009年のドラフト1位左腕は、まだまだ老け込む歳ではない。

○平田良介

 昨季は開幕からの不調に加え、シーズン後半には故障もあって2度の2軍落ちを経験。チームで台頭した2011年以降で最少となる55試合出場で、3本塁打、17打点、打率.235にとどまった。右翼の守備でも大きな貢献を果たす存在なだけに、いかに故障離脱を防ぐかがポイント。138試合に出場した2018年以来のシーズンを通した奮闘に期待したい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」