野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテの打倒ホークスは可能か? “元鷹の名伯楽”がコーチ就任で掲げる意識改革

ダイエー・ソフトバンクから始まり、巨人、オリックス、中日で通算20年指導者を務め、名伯楽として知られる森脇浩司氏が、かつての教え子である井口資仁監督の要請を受け、ロッテの1軍野手総合兼内野守備走塁コーチに就任した。最大の難敵は、古巣のホークス。まな弟子の指揮官とともにどう立ち向かうのかを森脇氏に聞いた。

ロッテの1軍野手総合兼内野守備走塁コーチに就任した森脇浩司氏【写真:荒川祐史】
ロッテの1軍野手総合兼内野守備走塁コーチに就任した森脇浩司氏【写真:荒川祐史】

1軍コーチとして“まな弟子”井口監督を支える森脇浩司氏

 ダイエー・ソフトバンクから始まり、巨人、オリックス、中日で通算20年指導者を務め、名伯楽として知られる森脇浩司氏が、かつての教え子である井口資仁監督の要請を受け、ロッテの1軍野手総合兼内野守備走塁コーチに就任した。最大の難敵は、古巣のホークス。まな弟子の指揮官とともにどう立ち向かうのかを森脇氏に聞いた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

「客観的に見て、昨年は12球団で1番悔しい思いをしたのがロッテだと思っています。まさに臥薪嘗胆、それをどうエネルギーに変えていくかです」

 森脇氏はそう振り返る。確かに、ロッテはシーズン終盤の10月9日にゲーム差0とするなどソフトバンクに迫ったが、新型コロナウイルス感染による主力の大量離脱などで失速。最終的には14ゲームの大差をつけられ、クライマックスシリーズでも2戦連続で逆転負けを喫した。それでもレギュラーシーズンでは、ソフトバンクに12勝11敗1分で勝ち越した唯一のチームだった。

 森脇氏は「4年連続日本一のホークスの牙城を崩すのは簡単ではない。一方、2~6位は少しでも隙を見せれば簡単に入れ替わる状況にある」と王者の力量を認める。「単に追いつくつもりでは勝てない。一気に追い越し優勝するのだという迫力、気概が不可欠。簡単ではないからこそ、常に“できる理由”を考えて選手に勇気付けをしていきたい」と語気を強めた。打倒ホークスの具体的な方策も「イメージできるものはいくつかある」とうなずく。

 担当部門の内野守備では「まず、守備の要であるセンターラインの確立とレベルアップを求めていきたい」と掲げる。今季は中村奨が二塁、藤岡が遊撃のレギュラーを担ったが、プロ18年目で40歳となる来季の現役続行が決まった鳥谷にも「年齢は自分で決めるもの。もう40ではなく、まだ40だ。この世界では年齢は関係ない」と突き上げを期待している。ロッテは今季もチーム失策数がリーグ最少の53という安定感を誇ったが、さらなる高みを目指す。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」