野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

大野雄に続く左腕不足、右のエース候補は福谷?柳? 中日の21年開幕ローテを大予想

昨季8年ぶりのAクラス入りを果たし、上昇気配が漂う中日。10年ぶりのリーグ優勝と16年ぶりの日本一を目指す2021年は、落合博満監督時代の黄金期を牽引した“投手王国”の再建も欠かせない。沢村賞左腕のエース大野雄大に続く先発投手の台頭に期待したいところ。春季キャンプやオープン戦で勢力図に変動は起こるが、現時点で予想される開幕ローテを占ってみる。

中日・福谷浩司、大野雄大、柳裕也(左から)【写真:荒川祐史】
中日・福谷浩司、大野雄大、柳裕也(左から)【写真:荒川祐史】

落合監督時代の黄金期に築いた「投手王国」再建へ

 昨季8年ぶりのAクラス入りを果たし、上昇気配が漂う中日。10年ぶりのリーグ優勝と16年ぶりの日本一を目指す2021年は、落合博満監督時代の黄金期を牽引した“投手王国”の再建も欠かせない。沢村賞左腕のエース大野雄大に続く先発投手の台頭に期待したいところ。春季キャンプやオープン戦で勢力図に変動は起こるが、現時点で予想される開幕ローテを占ってみる。

【動画】ドアラが危ない! 広島・鈴木誠也の特大弾がドアラを襲った衝撃シーン

【広島戦】
3月26日 大野雄大
3月27日 柳裕也
3月28日 小笠原慎之介

 開幕投手を担うのはエース左腕しかいないだろう。カード勝ち越しのために重要になってくるのは2戦目以降。昨季は6勝7敗と黒星が上回ったが、右のエース候補として期待される柳を据えた。広島には昨季4戦3勝とイメージもいい。

 3戦目は思い切って小笠原を起用。昨季はプロ入り最少の4試合登板にとどまり、背水の思いで迎えた6年目。2018年にはマツダスタジアムで開幕投手を務めて悔しい思いをしただけに、3年越しの雪辱にも期待したい。さらに、大野雄から左・右・左と交互に並ぶ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」