野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

石井新監督の起用法に注目 辛島や銀次、釜田…楽天、21年に復活期待の選手は?

昨季は優勝候補にも挙げられ、夏場には首位に立っていた楽天は、最終的には失速してBクラスの4位に終わった。石井一久GMが新たに現場の監督を兼ねる今季は、待ったなしで優勝争いを求められる。最速155キロのドラフト1位・早川隆久投手ら即戦力ルーキーにも注目が集まる中、ここでは復活を期待される実力者たちを取り上げる。

楽天・釜田佳直(左)と福山博之【写真:荒川祐史】
楽天・釜田佳直(左)と福山博之【写真:荒川祐史】

福山は昨年9月に支配下復帰「50~60試合に投げてこそ本当の復活」

 昨季は優勝候補にも挙げられ、夏場には首位に立っていた楽天は、最終的には失速してBクラスの4位に終わった。石井一久GMが新たに現場の監督を兼ねる今季は、待ったなしで優勝争いを求められる。最速155キロのドラフト1位・早川隆久投手ら即戦力ルーキーにも注目が集まる中、ここでは復活を期待される実力者たちを取り上げる。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

○福山博之投手

 2014年から中継ぎで4年連続60試合以上に登板したタフネス右腕だが、2019年7月に右肘と右肩のクリーニング手術を受け、同年11月には育成選手に。それでもリハビリを経て、昨年9月21日に再び支配下登録を勝ち取ると、1軍登板14試合、6ホールド、防御率0.75で復活への足掛かりをつくった。明るい性格で歌手の北島三郎に似ていることから「サブちゃん」の愛称で親しまれるムードメーカーだけに、チームへ与える影響も大きい。福山は「50~60試合に投げてこそ本当の復活」と意欲を見せる。

○釜田佳直投手

 2012年には高卒新人にして7勝(4敗)、2016年にも先発で7勝(5敗)を挙げた実績があるが、常に故障と背中合わせ。2018年6月に右肩と右肘の手術を受けたこともあって、最近2年はそれぞれ1桁の1軍登板数にとどまっている。昨季2軍では守護神として30試合に登板し、0勝2敗12セーブ、防御率1.89。イースタン・リーグの最多セーブに輝き、今年は1軍でもリリーバーとして復活を目指す。初代エースの岩隈久志氏から受け継いだ背番号「21」はドラフト1位ルーキーの早川に譲ったが、昨年限りで引退した青山浩二氏の「41」を新たに背負う。プロ10年目を迎え「あとがない」と危機感いっぱいだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」