野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

フォームもグラブも整骨院も同じ…オリ山本由伸“信者”楽天ドラ6右腕が憧れる理由

楽天ドラフト6位の履正社高・内星龍(うち・せいりゅう)投手が6日に仙台市内の泉犬鷲寮へ入寮し、プロの第一歩を踏み出した。10日からは仙台市内で新人合同自主トレに臨む。190センチの長身から投げ下ろす最速148キロの速球が魅力の右腕は、地元大阪に本拠地を置くオリックスの山本由伸投手に憧れ、山本と同じ整骨院に通って体の使い方を学び、同じグラブも使用。さらに独特の投球フォームまで酷似している。

オリックス・山本と同じタイプのグラブを愛用する楽天ドラフト6位の内星龍【写真提供:楽天野球団】
オリックス・山本と同じタイプのグラブを愛用する楽天ドラフト6位の内星龍【写真提供:楽天野球団】

体格は“本家”以上の身長190センチ、体重88キロ

 楽天ドラフト6位の履正社高・内星龍(うち・せいりゅう)投手が6日に仙台市内の泉犬鷲寮へ入寮し、プロの第一歩を踏み出した。10日からは仙台市内で新人合同自主トレに臨む。190センチの長身から投げ下ろす最速148キロの速球が魅力の右腕は、地元大阪に本拠地を置くオリックスの山本由伸投手に憧れ、山本と同じ整骨院に通って体の使い方を学び、同じグラブも使用。さらに独特の投球フォームまで酷似している。

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 オリックスの山本といえば、昨年も149奪三振でソフトバンク・千賀とタイトルを分け合い、リーグ2位の防御率2.20をマークした当代随一の右腕。踏み出した左足をピンと伸ばし、それをつっかえ棒のようにして上半身を振り下ろす投球フォームで、槍投げを連想させる独特のスタイル。実際、トレーニングに槍投げを取り入れている。内のフォームはこれによく似ている。

 それもそのはず。「高校2年の冬から、山本投手の投球フォームの動画を見て、最初は見よう見まね。徐々に自分の体にハマり出しました」と明かす。190センチ、88キロの体格を使いこなすのは簡単なことではないが、山本のフォームが格好の手本になった。

 さらに同じ頃から、山本が指導を受けている大阪の整骨院に通い、体の使い方を学んでいる。「そこで指導していただく以前の僕は、ウエートトレーニングで筋肉を付け過ぎてケガが多く、自分の体を使いこなせていなかった。最近は自分の体のバランスがわかってきて、最大限の力を発揮できるようになりました」と手応え十分。「1番変わったのは遠投。距離も伸びましたし、低い角度で投げられるようになりました」とぐんぐん自信をつけている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」