野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・周東、目指すハム西川との“差”はどこに? 鍵は「ボール球」と「コンタクト率」

ソフトバンクの周東佑京内野手が11日、福岡県内で今宮健太内野手らと自主トレを行い、これを報道陣に公開した。昨季、13試合連続盗塁の世界記録を樹立して脚光を浴びたスピードスターは「143試合全部しっかり出てこそレギュラー」と意気込みを語った。

ソフトバンク・周東佑京(左)と日本ハム・西川遥輝【写真:藤浦一都、石川加奈子】
ソフトバンク・周東佑京(左)と日本ハム・西川遥輝【写真:藤浦一都、石川加奈子】

「遥輝さんのような1番になりたい」と掲げる周東

 ソフトバンクの周東佑京内野手が11日、福岡県内で今宮健太内野手らと自主トレを行い、これを報道陣に公開した。昨季、13試合連続盗塁の世界記録を樹立して脚光を浴びたスピードスターは「143試合全部しっかり出てこそレギュラー」と意気込みを語った。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 昨季終盤に任された1番打者としての座も再び掴みにいく周東。「塁に出てなんぼの選手。出塁率3割後半あったらいい選手になれると(川島)慶三さんにも言われたので、4割と言わず3割後半」と目標を掲げ「遥輝さんのような1番になりたい」と、日本ハムのリードオフマン西川遥輝外野手を理想に掲げた。

 昨季、熾烈な盗塁王争いを繰り広げた周東と西川。結果、周東が50盗塁をマークして育成出身者として初の盗塁王に輝いた。とはいえ、打撃成績で言えば、周東の打率.270、出塁率.325に対して、西川は打率.306、出塁率.430と、2人にはまだ大きな差がある。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」