広島&ヤクルトは大苦戦、巨人&阪神まずまず…12球団の昨季の補強を診断【セ編】

昨季巨人でプレーしたヘラルド・パーラ(左)と阪神のジェリー・サンズ【写真:荒川祐史】
昨季巨人でプレーしたヘラルド・パーラ(左)と阪神のジェリー・サンズ【写真:荒川祐史】

巨人はシーズン途中加入の高梨、ウィーラーが大きな戦力に

 2021年もスタートし、新たな1年が始まった。プロ野球の各球団は迫るキャンプインに向けて、戦力編成を整え、今季に向けてのチーム作りを進めている。

 チームの戦力状況を見極め、足りない部分を補う補強。それがハマるか、ハマらないか、で、その年のシーズンの行方を大きく左右することになる。期待して獲得した助っ人がそれに応えられないことも珍しくはない。

 では、昨シーズン、開幕前とシーズンに入ってから各球団が行った補強の成果はどうだったのか? 今季のキャンプインを前に検証してみよう。なお、貢献度を測る指標「WAR」は、セイバーメトリクスの指標を用いて分析などを行う株式会社DELTA(https://1point02.jp/)のデータを参照した。今回はセ・リーグ6球団をみていく。(※はシーズン途中加入の選手)

【巨人】合計WAR1.4(平均0.16)
A・サンチェス投手
15試合8勝4敗0S0H 3.08 WAR1.7
T・ビエイラ投手
27試合0勝1敗0S2H 3.28 WAR0.1
N・ディプラン投手
2試合0勝0敗0S0H 19.29 WAR-0.5
田中豊樹投手
31試合1勝1敗0S1H 4.88 WAR0.1
E・ウレーニャ内野手
11試合18打数3安0本0点 .167 WAR-0.3
G・パーラ外野手
47試合146打数39安4本13点 .267 WAR-0.5
高梨雄平投手※
44試合1勝1敗2S21H 1.93 WAR1.0
Z・ウィーラー内野手※
98試合263打数65安12本36点 .247 WAR0.0
香月一也内野手※
8試合9打数0安0本0点 .000 WAR-0.2

 昨季2年連続でセ・リーグを制した巨人。支配下で開幕前に6選手を補強、開幕後もトレードで3選手を迎え入れた。サンチェスはローテの一角で8勝をマークして活躍。もう1人の目玉だったパーラは故障もあり47試合の出場で打率.267に終わった。

 シーズン中にトレードで楽天から獲得した高梨、ウィーラーの2人は大きな成果に。高梨は中継ぎとして44試合に投げて防御率1.93と好成績を残し、ウィーラーも98試合で打率.247、12本塁打。その陽気なキャラクターも相まって戦力となった。

助っ人8人体制で挑んだ阪神はスアレスが守護神として活躍

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY