野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

GG賞逃した阪神近本が満点、中日大島は低評価 アナリストが選ぶ名手は?【外野手編】

米国には、データアナリストが選手の守備を分析し、その結果から優秀守備者を表彰する「Fielding Bible Awards」という賞が存在する。これに倣い、株式会社DELTAではアナリストの協力のもと、「1.02 FIELDING AWARDS」というNPBの優秀守備者を表彰する企画を開催している。

阪神・近本光司(左)と中日・大島洋平【写真:荒川祐史】
阪神・近本光司(左)と中日・大島洋平【写真:荒川祐史】

右翼手トップが日本ハム大田、2位には広島鈴木ではなく巨人松原がランクイン

 米国には、データアナリストが選手の守備を分析し、その結果から優秀守備者を表彰する「Fielding Bible Awards」という賞が存在する。これに倣い、株式会社DELTA(https://1point02.jp/)ではアナリストの協力のもと、「1.02 FIELDING AWARDS」というNPBの優秀守備者を表彰する企画を開催している。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「1.02 FIELDING AWARDS」では、今年は9人のアナリストが各々の分析手法で選手の守備貢献を評価。今季各ポジションを500イニング以上守った12球団の選手を対象に順位付けし(1位:10点、2位:9点……)、最も多くのポイントを獲得した選手を最優秀守備者とした。今回は外野の各ポジションでどのようなランキングになったかを紹介する。

 右翼手部門では、アナリスト全員から1位票を集めた大田泰示(日本ハム)が受賞者となっている。ゴールデン・グラブ賞においてもパ・リーグの外野手部門で、2位の168票を獲得したが、データの面から見てもその守備力は確かだった。

 大田は打球処理貢献、また走者の先の塁への進塁を阻む進塁抑止の2つの項目で高い評価を残し、それが満場一致の1位に繋がった。ただ、この2つの要素を個別に見ると、2位以下にも大田並の貢献を見せた選手がいたようだ。

 2位となった松原聖弥(巨人)には9人のアナリストのうち8人が2位票を投じた。進塁抑止においては大田に差をつけられたが、打球処理についての評価では、1位というアナリストの分析もあった。大田が今季右翼で940イニングを守ったのに対し、松原は574.2イニング。少ない出場機会の中で健闘を見せたといえるだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」