野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

笑顔溢れる「ボールパーク」で再び日本一の東北へ 楽天が目指す愛されるチーム

2019年に球団創設15周年を経た東北楽天ゴールデンイーグルス。スタートの分配ドラフト、東日本大震災などさまざまな苦難を乗り越え、2013年には日本一を成し遂げるなど、ファンに愛される球団へと着実に成長を続けている。

楽天が歩んだ歴史を振り返る【写真提供:楽天野球団】
楽天が歩んだ歴史を振り返る【写真提供:楽天野球団】

着実に進むチームの底上げ

 2019年に球団創設15周年を経た東北楽天ゴールデンイーグルス。スタートの分配ドラフト、東日本大震災などさまざまな苦難を乗り越え、2013年には日本一を成し遂げるなど、ファンに愛される球団へと着実に成長を続けている。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 そこで、その苦楽を振り返りつつ、15年の歩みをたどっていく。第5回は「再び日本一の東北を目指して」。チームの再編、強化を通して行われたチームの底上げ、そして現在の状況と今後の展望について触れていく。

 2017年は3、4月に16勝5敗、5月に16勝7敗の好成績をマークするなど、スタートダッシュに成功。則本昂大投手、岸孝之投手の2本柱を中心に勝ち星を積み重ね、前半戦を首位で折り返す。また、6月9日のDeNA戦では則本投手8試合連続の2桁奪三振をマークし、世界記録に並んだ。しかし、8月に入ると、7勝18敗1分と失速。9月も負け越し苦しい状況となるも、かろうじて3位でシーズンを終え、クライマックスシリーズ進出を決めた。

 迎えたクライマックスシリーズファーストステージは2勝1敗で西武を破り、ファイナルステージへ駒を進める。ファイナルステージでは、首位ソフトバンクに1勝のアドバンテージがあるという不利な状況だったが、第1戦、第2戦ともに1点差のゲームで競り勝つ。しかし、以降は粘りきることができず、惜しくも日本シリーズ出場は叶わなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」