野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

栗原、岡本、山本…夢溢れる顔ぶれズラリ! データで選ぶ“25歳以下”ベストナイン

キャンプインまで残り2週間ほどと迫ってきた。巨人のリーグ連覇、ソフトバンクの日本シリーズ4連覇で幕を閉じた昨季を経て、各チーム「打倒巨人」「打倒ソフトバンク」を掲げて臨む2021年。助っ人などの新戦力や若き選手たちが定位置を獲得するために熾烈な争いを繰り広げることになる。

ヤクルト・村上宗隆、オリックス・山本由伸、楽天・松井裕樹(左から)【写真:荒川祐史】
ヤクルト・村上宗隆、オリックス・山本由伸、楽天・松井裕樹(左から)【写真:荒川祐史】

セイバーメトリクスの指標「WAR」を使って選出

 キャンプインまで残り2週間ほどと迫ってきた。巨人のリーグ連覇、ソフトバンクの日本シリーズ4連覇で幕を閉じた昨季を経て、各チーム「打倒巨人」「打倒ソフトバンク」を掲げて臨む2021年。助っ人などの新戦力や若き選手たちが定位置を獲得するために熾烈な争いを繰り広げることになる。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ここでは、20年シーズンに時計の針を戻し、次世代のプロ野球を担う「25歳以下」に絞ってベストナインを選出した。打者では「準レギュラー」と言える200打席以上の選手から選出。先発投手は80投球回、リリーフ投手は30投球回以上を基準としている。また、“25歳のシーズンを過ごした”という意味で、1995年1月~3月の早生まれの選手も含めている。

 検証はセイバーメトリクスの指標を用いて分析などを行う株式会社DELTA(https://1point02.jp/)のデータを参照した。「WAR」は「そのポジションの平均以下の代替可能選手に比べて、どれだけ勝利数を上積みしたか」を統計的に推計した指標となり、より数値が大きいほど、勝利への貢献度が大きいとされる。

 では、どのような選手が若くしてチームに貢献しているかを見てみよう。

先発:オリックス・山本由伸(WAR 5.0)
救援:楽天・松井裕樹(WAR 2.3)
捕手:西武・森友哉(WAR 2.7)
一塁手:ヤクルト・村上宗隆(WAR 4.8)
二塁手:巨人・吉川尚輝(WAR 2.6)
三塁手:巨人・岡本和真(WAR 5.3)
遊撃手:楽天・小深田大翔(WAR 3.0)
外野手:巨人・松原聖弥(WAR 1.6)
外野手:ソフトバンク・栗原陵矢(WAR 1.1)
外野手:楽天・辰己涼介(WAR 1.0)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」