野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ドラフトで4度も指名された変わり種 西武助っ人左腕ダーモディの異色の経歴

西武が今季の新戦力として加入を発表したマット・ダーモディ投手。現在30歳の左投手で、西武は手薄な先発陣を埋めるローテ候補として期待を寄せている。今オフにカブスとマイナー契約を結んでいたダーモディだが、その契約を解除して来日することを決断した。

西武への入団が発表されたマット・ダーモディ【写真:Getty Images】
西武への入団が発表されたマット・ダーモディ【写真:Getty Images】

2009年に初めて指名されると、そこから4度もドラフトで指名を受ける

 西武が今季の新戦力として加入を発表したマット・ダーモディ投手。現在30歳の左投手で、西武は手薄な先発陣を埋めるローテ候補として期待を寄せている。今オフにカブスとマイナー契約を結んでいたダーモディだが、その契約を解除して来日することを決断した。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 このダーモディだが、異色の経歴の持ち主でもある。それはドラフトでの指名回数にも現れている。2013年にドラフト28巡目でブルージェイズから指名され、プロ入りした左腕だが、実はこれが人生で4度目のドラフトでの指名だった。

 1度目は2009年。当時、ノーウォーク高に在学していたダーモディはパイレーツから26巡目で指名を受けた。ただ、この時は入団せず、アイオワ大に進学した。2度目は2年後の2011年。この時はロッキーズから29巡目で指名されたが、またも入団には至らなかった。

 その翌年の2012年、今度はダイヤモンドバックスから23巡目で指名を受けた。この時、ダーモディは入団を決意。入団交渉を進め、合意目前まで話は進んでいたという。当時、地元紙「デモイン・レジスター」に対し、ダーモディ自身も「大学でプレーするのもあと1年しか残ってなかったから、(ダイヤモンドバックスとの契約に合意することは)正しいことだと感じた。将来的にチャンスがないことも考えられたから、チャンスがあるうちにそれを利用したほうが良いと思った」と明かしている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」