野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

5球種の配球がカギ? “3日で返却”された異色の鷹新助っ人レイをデータで検証

2021年のプロ野球もキャンプインまで残り1週間ほど。すでに各球団の外国人選手の顔ぶれも出揃った。それぞれの球団の浮沈を左右する新助っ人たちは、どのような特徴を持っているのだろうか。米球界時代に残してきた成績、データを検証し、その特徴を探ってみたい。今回は、ソフトバンクの新外国人選手であるコリン・レイ投手を見ていこう。

ソフトバンクへの加入が決まったコリン・レイ【写真:Getty Images】
ソフトバンクへの加入が決まったコリン・レイ【写真:Getty Images】

16年には大型トレードの一員となるも、3日で“返却”された異色の経歴

 2021年のプロ野球もキャンプインまで残り1週間ほど。すでに各球団の外国人選手の顔ぶれも出揃った。それぞれの球団の浮沈を左右する新助っ人たちは、どのような特徴を持っているのだろうか。米球界時代に残してきた成績、データを検証し、その特徴を探ってみたい。今回は、ソフトバンクの新外国人選手であるコリン・レイ投手を見ていこう。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 レイは2011年のMLBドラフト12巡目(全体383位)でパドレスに指名され、2015年にメジャー初登板。6試合に先発すると、翌2016年は開幕ローテ入りし、前半戦だけで19先発、5勝5敗、防御率4.98の成績を残した。

 すると7月29日、プレーオフ進出のために先発補強を目論んだマーリンズとパドレスの5対3の大型トレードの一員として移籍。翌30日のカージナルス戦に先発したが4回途中で右肘を痛めて降板、8月1日には前代未聞の“返却トレード”で、わずか3日でパドレスに戻りトミー・ジョン手術を受けることとなった。

 その交換相手としてパドレスからマーリンズに戻ったのが現レッズでエース格に成長したルイス・カスティーヨ。仮に“返却トレード”がなければ現在のダルビッシュら豪華ローテに加わっていた可能性もあったということになるだろう。その後のレイは2020年にカブスで復活。オフには日本に新天地を求めることになる。では、このような異色の経歴を辿った右腕の持ち球から見ていこう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」