野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ角中らが少年野球指導者に切なる願い 「勝負だけでなく楽しいということを」

一般社会法人スポーツメディカルコンプライアンス協会は23日、オンライン上で「ベストコーチングアワード2020」の発表を行った。指導者向けの講義、現役プロ野球選手からのメッセージとあわせ、全国の58チームが「スポーツメディカルコンプライアンスに則った指導方法を実践している優秀なチーム・指導者」として表彰された。

ロッテ・角中勝也(左)と平沢大河【写真:荒川祐史】
ロッテ・角中勝也(左)と平沢大河【写真:荒川祐史】

全国の優秀なチーム、指導者を表彰する「ベストコーチングアワード2020」が発表

 一般社会法人スポーツメディカルコンプライアンス協会は23日、オンライン上で「ベストコーチングアワード2020」の発表を行った。指導者向けの講義、現役プロ野球選手からのメッセージとあわせ、全国の58チームが「スポーツメディカルコンプライアンスに則った指導方法を実践している優秀なチーム・指導者」として表彰された。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 このアワードは、子どもたちの適切なスポーツ環境を整えるため、指導者にメディカルとコンプライアンスに関する知識を深めてほしいという願いを込め、昨年制定されたもの。そこで、全国各地ですでに実践している指導者を表彰し、広く意識を普及させる目的がある。

 対象となるのは、中学校の部活や女子野球も含めた、日本の学童・少年野球チーム。子どもたちの未来を見据え、怪我や障害を起こさないように心掛けた指導を実践し、学ぶ姿勢を持ち続けている指導者たちを表彰している。

 昨年は都内で表彰式を開催したが、今年はコロナ禍によりオンライン上で実施。同協会で理事を務める中英行氏による「スポーツパーソンシップ勉強会」、慶友整形外科スポーツ医学センター長の古島弘三医師による「指導者・保護者が知っておくべきこと」という講演が行われたほか、理学療法士とコンディショニングコーチによる「学童期を対象としたストレッチ」のレクチャーが行われた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」