野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・柳田悠岐が12球団“最強”打者である証 傑出した打撃指標の数々とは?

現在、日本球界で最高の打者と言えば、皆さんは誰を思い浮かべるだろうか? 数々の好打者がいる中で、ソフトバンクの柳田悠岐外野手を挙げる人が多いのではないだろうか。このオフには日本人野手史上最高額となる年俸6億1000万円(推定)で契約を更改した柳田には今季もまた、我々を驚かすような活躍が期待される。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

12球団で群を抜くWARなど、ほとんどの打撃指標が12球団トップ

 現在、日本球界で最高の打者と言えば、皆さんは誰を思い浮かべるだろうか? 数々の好打者がいる中で、ソフトバンクの柳田悠岐外野手を挙げる人が多いのではないだろうか。このオフには日本人野手史上最高額となる年俸6億1000万円(推定)で契約を更改した柳田には今季もまた、我々を驚かすような活躍が期待される。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 驚愕のパワー、圧倒的な飛距離、そして体勢を崩されながらもスタンドまで運ぶ“変態打ち”などなど、柳田の魅力は数多くあるが、その凄さは一体どこに隠されているのだろうか? セイバーメトリクスの指標を用い分析などを行う株式会社DELTAのデータを参照し、昨季の柳田が叩き出した凄さを分析してみよう。

 最多安打のタイトルを獲得し、得点数もリーグトップだった柳田。その一方で、打率は吉田正尚(オリックス)に次ぐ2位、本塁打と打点は浅村栄斗(楽天)、中田翔(日本ハム)に次ぐ3位、出塁率は近藤健介(日本ハム)に次ぐ2位だった。各指標で上位につけているものの、この成績だけを見ると、傑出ぶりはさほど見えてこない。

 ただ、セイバーメトリクスの打撃指標を見ると、柳田の“異質ぶり”が伝わってくる。特に傑出しているのが「WAR(Win Above Replacement)だ。そのポジションの代替可能選手に比べてどれだけ勝利数を上積みしたかを表す指標で、柳田は8.4という凄まじい成績を残す。2位の坂本勇人(巨人)の5.7に2.7もの差をつけており、その存在感が際立つ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」