アッパースイング【意外と知らない野球用語】

アッパースイング

 打者が、バットを下から上方向にすくい上げるようにスイングする打ち方。ボールに回転を与えてフライになりやすく、飛距離が出るとされる。長距離バッターに多い。反面、スイングが遠回りになりがちになるデメリットもある。

 逆に、バットを上から下方向に振り下ろすような打ち方を「ダウンスイング」という。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED