バレルゾーン【意外と知らない野球用語】

バレルゾーン

 最も長打が出やすいと言われている、打球角度と打球速度の範囲のこと。選手やボールの動きを数値化する「スタットキャスト」システム導入により、打球の角度、速度が着目されるようになった。

 具体的には打球速度98マイル(約158キロ)以上で、26?30度の打球のことを指す。この範囲は打球速度が上がるにつれて角度が広がり、116マイル(約187キロ)以上ならバレルゾーンは8?50度になる。

 バレルゾーンの浸透に伴い、ホームランが増産されたことを「フライボール革命」という。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED