フォークボール【意外と知らない野球用語】

フォークボール

 ストレートの軌道から、打者の手元で急激に落下する変化球。ボールを挟んで握るのが、食器のフォークに似ていることが由来。

 日本では深く握り落差の大きいものをフォーク、落差が少なく球速が速いものをスプリットと分けられることが多い。米国ではどちらもスプリットと呼ばれる。メジャーでは落差の大きいフォークを投げる投手が少なく、野茂英雄や佐々木主浩がこれを決め球としてメジャーで活躍した。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED