スプリット【意外と知らない野球用語】

スプリット

 打者の手元で落ちる変化球。ボールを人差し指と中指で挟んで投げる。正式名称はスプリットフィンガーファストボール(Sprit-finger fastball)で、頭文字を取ってSFFとも呼ばれる。

 日本では球速が速く、小さく落ちるフォークをスプリットと分けて認知されているが、メジャーではフォークという表現がないため挟んで落としたボールは全てスプリットと表現される。

 田中将大や上原浩治ら多くの投手がスプリットを駆使してメジャーで活躍した。

【関連用語】
フォークボール

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED