最多セーブ投手賞【意外と知らない野球用語】

最多セーブ投手賞

 シーズンで最も多くのセーブを獲得した選手に贈られる賞。

 1974年に始まったが、当初は抑え投手が複数イニングを投げることも多く、勝利投手になることも多々あった。そのため、セでは1976年、パでは1977年からセーブと救援勝利数を足したセーブポイント数による表彰に変更され「最優秀救援投手賞」と呼ばれるようになった。

 その後、投手分業制により、1イニング限定のクローザー起用が増えると、2005年より再びセーブ数で表彰する最多セーブ投手賞に変更された。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED