野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元ハム右腕、メジャーで初の複数年契約を勝ち取った理由 「日本での成功で自信増大」

元ハム右腕、メジャーで初の複数年契約を勝ち取った理由 「日本での成功で自信増大」

2016年に日本ハムに在籍して日本一に貢献した右腕アンソニー・バース投手はこのオフ、マーリンズと2年総額500万ドル(約5億2300万円)で契約を結んだ。2017年にMLBに復帰してからは毎年違うチームでプレーしてきた33歳にとって今回がキャリア初の複数年契約。米データサイト「ファングラフス」は来日前と後の成績を比較し、日本ハムでの成功体験が自信になったと指摘している。

昨季はブルージェイズに所属していたアンソニー・バース【写真:Getty Images】
昨季はブルージェイズに所属していたアンソニー・バース【写真:Getty Images】

バースは今オフ、マーリンズと2年総額500万ドルで契約

 2016年に日本ハムに在籍して日本一に貢献した右腕アンソニー・バース投手はこのオフ、マーリンズと2年総額500万ドル(約5億2300万円)で契約を結んだ。2017年にMLBに復帰してからは毎年違うチームでプレーしてきた33歳にとって今回がキャリア初の複数年契約。米データサイト「ファングラフス」は来日前と後の成績を比較し、日本ハムでの成功体験が自信になったと指摘している。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、25日まで“加入2か月無料キャンペーン”実施中

 バースは日本ハムで37試合に登板。先発、救援など様々な役割をこなして8勝8敗6ホールド、防御率3.65の成績を残しチームのリーグ優勝、日本一に貢献した。17年にはレンジャーズへ移籍してメジャー復帰を果たすと、昨季までカブス、マリナーズ、ブルージェイズと渡り歩き、マーリンズとの複数年契約を手にした。

 同サイトは近年球界で話題になっていることとして「米国で仕事を確保することに苦労するベテラン選手が日本や韓国など海外に出向くこと」を挙げて、次のように説明する。

「彼らは現地である程度の時間を過ごしながら自分のプレーを再発見し、米国に戻ってメジャーリーグで過去よりも遥かに素晴らしい成功を手にする。5年間で3球団に所属したアンソニー・バースは2016年に日本に渡った」

 アジアで最もハイレベルとされるNPBで優勝を経験して米国に戻ったバースは徐々に力を発揮する。2017年はレンジャーズで2試合、2018年はカブスで16試合に登板し、2019年5月にマリナーズとメジャー契約を結ぶと上昇気流に。同年は44試合、60試合に短縮された昨季はブルージェイズで26試合に登板した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」