野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 海外
  • 元阪神・林威助氏「曖昧な規則ある」 台湾プロ野球、新コミッショナーの課題

元阪神・林威助氏「曖昧な規則ある」 台湾プロ野球、新コミッショナーの課題

台湾プロ野球を運営するCPBLは1月19日、コミッショナーの改選を行い、蔡其昌・立法院副院長(国会副議長に相当)を満場一致で選出、蔡氏は11代目のコミッショナーに就任した。51歳の蔡氏は与党・民進党籍、熱烈な野球ファンとして知られ、少年野球発展のための支援活動などを行ってきたことから昨年12月、5球団の連名により、次期コミッショナーに推薦されていた。

CPBLの蔡其昌コミッショナー(左)と楊清瓏事務局長【写真提供:CPBL】
CPBLの蔡其昌コミッショナー(左)と楊清瓏事務局長【写真提供:CPBL】

新コミッショナーは熱烈な野球ファン、世界の球界からお祝いのメッセージも

 台湾プロ野球を運営するCPBLは1月19日、コミッショナーの改選を行い、蔡其昌・立法院副院長(国会副議長に相当)を満場一致で選出、蔡氏は11代目のコミッショナーに就任した。51歳の蔡氏は与党・民進党籍、熱烈な野球ファンとして知られ、少年野球発展のための支援活動などを行ってきたことから昨年12月、5球団の連名により、次期コミッショナーに推薦されていた。

【PR】今季は11球団主催試合を配信 DAZNの“トリセツ”楽しむためのポイントは?

 これまでCPBLのコミッショナーには政財界、学術界などの関係者が就任してきたが、国会副議長というポストは過去最高位ということもあり、同日夕方から開催された呉志揚・前コミッショナーから蔡コミッショナーへの引き継ぎセレモニーには頼清徳・副総統らを始め、政財界、スポーツ界などから、多くの人々がかけつけた。

 前身の兄弟エレファンツ時代からの中信兄弟ファンだという蔡コミッショナーは、「これからは全5球団を応援していく」と宣言。5球団の推薦に感謝すると共に、早速、喫緊の課題を解決していくと意気込みを示した。そして、法改正によるスポーツ産業参入企業への税制優遇措置により、既存5球団の経営環境の改善と、ファンが期待する6球団目の誕生を促していきたい、と述べた。

 台湾球界では、呉・前コミッショナーと馮勝賢・前事務局長の任期中、それまで微妙な関係にあったプロアマ両組織間の雪解けが進んだ。蔡コミッショナーは席上で、「CPBLと(アマ球界を統括する)CTBAは今日から最良のパートナーだ。台湾野球の栄光のために力を合わせ、最強のナショナルチームをつくりあげよう」と呼びかけた。また、6月中旬に中部・台中市などで開催予定の東京五輪世界最終予選の監督に、プレミア12で監督を務めた富邦ガーディアンズの洪一中監督を指名、洪監督は快諾した。

 蔡氏のコミッショナー就任にあたり、WBSCのフラッカリ会長、MLBのマンフレッド・コミッショナーのほか、NPBの斉藤惇コミッショナーからも、お祝いのメッセージが寄せられた。

 2日後の1月21日、蔡コミッショナーは、事務方トップの秘書長(事務局長)に、楊清瓏氏が就任したことを明らかにした。63歳の楊氏は、中学時代から世代別の代表として活躍、公開競技だった1984年ロサンゼルス五輪では銅メダル獲得に貢献した。指導者としては、2リーグ分裂時のもうひとつのプロリーグ、TMLの2チームで監督を務めたほか、大学や社会人でもチームを率いた。さらに、IBAF、BFAで技術委員、CTBAでも選抜・強化委員、技術委員を務めるなど、豊富なキャリアをもつ。

 蔡コミッショナーは、楊氏の事務局長就任について、野球を愛し、専門知識があり、実務もこなせる人材を探していたと説明。楊氏のキャリア、野球関連規則などに関する知識はもちろん、穏やかで柔軟性がありながら、芯が強い性格も決め手となったと説明、就任要請を快諾してくれたことに感謝した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」