野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中将大がチーム合流初日に見せた“気遣い” 伝説のエースが求める脱・特別扱い

8年ぶりに楽天に復帰した田中将大投手が6日、沖縄・金武町で行われている1軍キャンプに合流した。練習冒頭、首脳陣やナインを前に挨拶に立つと「7年間アメリカで野球をやってきて、色々経験してきたこともあるので、気軽に! 気軽に聞いてください」と2度繰り返して強調した。

楽天キャンプに合流した田中将大【写真:宮脇広久】
楽天キャンプに合流した田中将大【写真:宮脇広久】

若手にとっては伝説のエース「気軽に! 気軽に聞いてください」

 8年ぶりに楽天に復帰した田中将大投手が6日、沖縄・金武町で行われている1軍キャンプに合流した。練習冒頭、首脳陣やナインを前に挨拶に立つと「7年間アメリカで野球をやってきて、色々経験してきたこともあるので、気軽に! 気軽に聞いてください」と2度繰り返して強調した。【宮脇広久】

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「気軽には聞けないでしょ? だから強調して言ったんですよ」。練習終了後の取材で、そう打ち明けた。何しろ、2013年にはシーズン24勝0敗で楽天を球団創設後初優勝と日本一に導くという伝説を作った。翌年からメジャーきっての名門ヤンキースで7年間活躍してきたのだから、初対面の若い選手にとっては気安く口を聞ける相手ではない。田中将自身にとっても、あまりに神格化され気を遣われるのは、チームの一員として戦っていく上でやりにくいという気遣いもにじむ。

 そんな中、当面主な話し相手となるのが、毎オフに一緒に自主トレを行っている松井、辛島、釜田といった“チーム田中”の面々。この日も言葉を交わすシーンか数多く見られた。

 サブグラウンドでキャッチボールの相手を務めた長坂健治ブルペン捕手は、かつて田中将が在籍した頃からの古参で、ヤンキース時代にも仙台での自主トレ中に球を受けたことがある。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」