野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「このまま終われない」“外れ1位で5球団競合”から5年 ロッテ佐々木千隼の覚悟

もう5年目の球春。沖縄・石垣島では、強い日差しが降り注ぐ。すっかり日焼けしたロッテの佐々木千隼投手は、春季キャンプ第2クールの初日を終え、淡々と手応えを語る。「順調にきているかなと思います」。内に秘めた思いは、簡単に言葉には代えない。

ロッテ・佐々木千隼【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・佐々木千隼【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

2年目に右肘手術「ここまで怪我が多くなると思っていなかった」

 もう5年目の球春。沖縄・石垣島では、強い日差しが降り注ぐ。すっかり日焼けしたロッテの佐々木千隼投手は、春季キャンプ第2クールの初日を終え、淡々と手応えを語る。「順調にきているかなと思います」。内に秘めた思いは、簡単に言葉には代えない。【上野明洸】

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2016年のドラフトで、1位の再指名としては史上初となる5球団競合。注目を浴びた1年目は開幕ローテ入りを果たし、15試合登板で4勝を挙げた。しかし、2年目の2018年には右肘を手術し、1軍登板なし。プロに入るまで大きな怪我は一度もなかったが、思わぬところで躓いた。「簡単な手術だったんですけど、すごく長引いてしまったので、不安な思いはありました」と、投げられなかった日々を振り返る。

 2019年には7試合登板で2勝。2020年も春季キャンプを1軍で迎えるも、肩のコンディション不良で夏まで投げれられず、もどかしい日々が続いた。

 そんな中、思わぬチャンスが巡ってきた。昨年10月6日にチーム内で新型コロナウイルスの感染者が判明し「感染拡大防止特例2020」を適用。選手の大幅入れ替えに伴って1軍昇格を果たした。中継ぎで5試合に登板し、4回1/3を投げ4失点。3週間足らずで登録を抹消された。

「チャンスを自分で掴み切れなかった。悔しい思いはありました」

 ただ、収穫があったのも事実。「中継ぎの経験をして、中継ぎの大変さを経験できたのはよかったかなと思います。先発だけじゃなくて、何でもできる役割になりたいなと思うようになった」と、新たな思いも芽生えた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」