野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「爆問バッテリー」か「田中×田中」か… マー君迎えた楽天の熾烈な正捕手争い

“マー君の女房役”は譲れない──。田中将大投手の8年ぶり復帰で盛り上がる楽天だが、かつて名コンビを組んだ嶋基宏捕手は昨季からヤクルトでプレー。沖縄・金武町で行われている1軍キャンプでは、個性的な面々が熾烈な正捕手争いを繰り広げている。

楽天の太田光、田中将大、田中貴也(左から)【写真:宮脇広久、荒川祐史】
楽天の太田光、田中将大、田中貴也(左から)【写真:宮脇広久、荒川祐史】

昨季最多マスクの太田光、田中将の初ブルペンで捕手を務める

 マー君とのバッテリーは譲れない──。田中将大投手の8年ぶり復帰で盛り上がる楽天だが、かつて名コンビを組んだ嶋基宏捕手は昨季からヤクルトでプレー。沖縄・金武町で行われている1軍キャンプでは、個性的な面々が熾烈な正捕手争いを繰り広げている。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 現状で最も正捕手の座に近いのは大商大から入団し、3年目を迎えた24歳の太田光(ひかる)。田中が初めてブルペン入りした7日にボールを受けた。石井監督によると、光山バッテリー兼守備戦略コーチから「(太田が)受けたことのない投手なので」と推薦があったといい、「太田にとってもすごいプラスなこと。田中投手の球を受けるのはいい経験」と語った。

 昨季はチーム最多の67試合でマスクをかぶったが、9月26日の西武戦で左肩を負傷。そこでシーズンを終えてしまったのが惜しまれる。売り物は強肩で、昨季の盗塁阻止率は「甲斐キャノン」ことソフトバンク・甲斐をも上回り、リーグトップの.333をマークした。「盗塁を刺せれば、投手も楽になる。少しでも抑止力になれれば」と胸を張る。

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(ひかり)と、読み方を別にすれば同姓同名。2019年オフに爆笑問題のラジオ番組に呼ばれて出演したこともある。田中将とバッテリーを組めば、田中&太田でまさに“爆問バッテリー”となる。

 プロ1年目の2019年の新人合同自主トレ中には、新人1人1人が帰国中の田中将に質問をぶつける機会があった。太田は「一流の捕手の共通点は何でしょうか?」と聞き、田中から「常に周りが見えている」という答えを得たという。

「私生活を含めて、という意味と解釈しています」と太田。「田中さんはどの球種も一級品で、選択が難しい。試合の中で勉強することが多いと思うので、サインに首を振られたりしながら配球を学んでいきたいです」とイメージを膨らませている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」