野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天石井監督が期待する“田中将大塾” 日米通算177勝の生きた素材が与える効果

楽天に8年ぶりに復帰した田中将大投手は沖縄・金武キャンプ合流3日目の8日、キャッチボールなどで軽く汗を流して練習を終えた。しかしその後、ブルペンで後輩たちのピッチングを真剣な表情で見守り、身振り手振りを交えながらアドバイスを送る姿があった。日米通算177勝右腕は、個人成績のみならず、その豊かな経験をチームに伝授することも期待されている。

楽天・田中将大【写真:荒川祐史】
楽天・田中将大【写真:荒川祐史】

森原へスプリット伝授「もうボール1個分前でリリースしたら、もっといい」

 楽天に8年ぶりに復帰した田中将大投手は沖縄・金武キャンプ合流3日目の8日、キャッチボールなどで軽く汗を流して練習を終えた。しかしその後、ブルペンで後輩たちのピッチングを真剣な表情で見守り、身振り手振りを交えながらアドバイスを送る姿があった。日米通算177勝右腕は、個人成績のみならず、その豊かな経験をチームに伝授することも期待されている。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 田中将はこの日、別メニューで自分の練習をいち早く終えると、Tシャツ、頭にはバンダナ風のヘアバンドを巻いたいで立ちでブルペンへ足を向けた。捕手の背後、時にはマウンドの後方から後輩たちのピッチングに熱い視線を送り、則本昂、森原、酒居には身振り手振りを交えながらアドバイスを送った。

 前日の7日には、サブグラウンドで20歳の引地から質問を受け、自らボールの握ってみせながら丁寧に答える一幕があった。合流初日のあいさつで「気軽に聞いて下さい」と呼びかけた通りの立ち居振る舞いである。

 森原の場合は、前日の練習終了後にスプリットの握りや投げ方について教えを乞い、アドバイスを受けた上で、この日ピッチングを披露した。「田中さんには『結構いいと思うよ! もうボール1個分、前(打者方向)でリリースしたらもっといい』と言っていただきました」と感激の面持ちだ。

「今日は、田中さんに教わった通りの握りで投げました。これまで僕はボールの縫い目を外して握っていましたが、田中さんは人さし指と親指を縫い目に掛けていました」と森原。「ワンバウンドを投げようとするのではなく、この握りで真っすぐと同じように腕を振ると、自然にすっと落ちるイメージ」と教わったという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」