“マー君フィーバー”の陰で…楽天・石井監督が熱視線送る“19歳コンビ”の成長ぶり

楽天・黒川史陽(左)と武藤敦貴【写真:荒川祐史】
楽天・黒川史陽(左)と武藤敦貴【写真:荒川祐史】

高校通算34本塁打の長距離砲と50メートル6秒0の俊足

 田中将大投手の復帰で沸き帰っている楽天の沖縄・金武キャンプ。その“マー君フィーバー”の陰で、石井一久GM兼監督が秘かに熱い視線を送る若手成長株が2人いる。【宮脇広久】

 今季の楽天投手陣は、田中将の復帰と最速155キロ左腕のドラフト1位・早川(早大)の入団によって、涌井、岸、則本昂、松井らを含め豪華な顔ぶれがそろった。一方の野手陣では、ベテランを脅かす若い芽が育ちつつある。2019年ドラフト2位の黒川史陽内野手と、同4位の武藤敦貴外野手。高卒2年目を迎えた19歳コンビだ。

 智弁和歌山高時代に通算34本塁打、5季連続甲子園出場を誇った黒川は、ルーキーイヤーの昨年9月に早くも1軍昇格。デビュー戦をスタメンで飾り、初打席で右犠飛を打ち上げ、お立ち台にも上がった。

 今年1月中旬には、守備の名手であるベテランの藤田一也内野手に弟子入りし、一緒に京都で2週間の自主トレに取り組んだ。「朝8時半から夜6時まで、本当に野球漬けでした。正直言って、これくらいやらないと1年間ケガなく過ごすことはできないのか、と実感しました」と振り返る。

黒川は「1年間1軍」が目標、武藤は右肩脱臼で思わぬ挫折

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY