野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「中森ならプロに行ける」 ロッテドラ2右腕、先輩との約束果たし挑む一流への道

沖縄・石垣島でのキャンプ第2クールを終えたロッテのドラフト2位ルーキー、中森俊介投手は「毎日内容の濃い練習をできていますし、とても充実した日々を送らせていただいています」と振り返る。キャンプでは昨年の佐々木朗希投手と同じく、まずはプロの世界で戦える体作りをテーマに、トレーニングを中心に取り組んでいる。

ブルペン投球を行ったロッテ・中森俊介【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ブルペン投球を行ったロッテ・中森俊介【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

ドラフト2位ルーキー中森、9日にはキャンプ初となるブルペン入り

 沖縄・石垣島でのキャンプ第2クールを終えたロッテのドラフト2位ルーキー、中森俊介投手は「毎日内容の濃い練習をできていますし、とても充実した日々を送らせていただいています」と振り返る。キャンプでは昨年の佐々木朗希投手と同じく、まずはプロの世界で戦える体作りをテーマに、トレーニングを中心に取り組んでいる。【上野明洸】

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 9日にはキャンプ初となるブルペン入り。投球前には美馬学投手や益田直也投手らのピッチングも目の当たりにした。一流クラスの投手が投げ込む軌道に「コントロールが安定していて、球威のある球を投げてましたし、リリースからミットに収まるラインができていた」と、レベルの高さ実感。

 ブルペンでは立ち投げで21球を投じた。「少し力んでしまった部分もあったんですけど、いい回転の球もあったり、反省するべき課題とかも見つかったので、これからもっと成長できるように上を目指してやっていきたいなと思います」と振り返った。

 昨年12月の新入団会見で、夢は「160キロ!」とボードに書き込んでいたが、球速だけでなく制球力の向上も必要だと分析している。

「プロの世界には何人も自分より速いピッチャーはいますし、自分がプロの世界で生きていく上では、コントロール、球威、変化球とのコンビネーション、緩急をつけたピッチングっていうのが大切になってくると思う」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」