野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

あと1人で逃した史上初の完全試合 振り返る39年前の夏「凄いことだと知らなかった」

昨年はコロナ禍で中止になった甲子園大会だが、今年は開催予定。第93回選抜高校野球大会に出場する32校は1月29日に発表され、3月19日に開幕する。これまで甲子園では数々のドラマが生まれた。完全試合にまつわる話もその1つ。いまだ達成者がいない夏の甲子園での完全試合に最も近づいた元西武の新谷博氏が、当時の思い出を語った。

現在は埼玉西武ライオンズ・レディースの監督を務める新谷博氏【写真:編集部】
現在は埼玉西武ライオンズ・レディースの監督を務める新谷博氏【写真:編集部】

新谷博氏は82年夏の甲子園、木造戦で9回2死から死球を与えた

 昨年はコロナ禍で中止になった甲子園大会だが、今年は開催予定。第93回選抜高校野球大会に出場する32校は1月29日に発表され、3月19日に開幕する。これまで甲子園では数々のドラマが生まれた。完全試合にまつわる話もその1つ。いまだ達成者がいない夏の甲子園での完全試合に最も近づいた元西武の新谷博氏が、当時の思い出を語った。

 佐賀商のエースとして1982年夏の甲子園に出場した新谷氏は、1回戦の木造(青森)戦で9回2死まで走者を一人も出さないパーフェクトピッチングを続けていた。27人目の打者に死球を与え、夏の甲子園史上初の大記録は果たせなかったが、次打者を二ゴロに打ち取ってノーヒットノーランを達成した。

 試合中に“完全ペース”であることに気が付いていたと振り返る新谷氏。その後に出てきた言葉は衝撃的だった。「パーフェクトだとかノーヒットノーランとかいう記録は知っていたけど、凄いことだと知らなかったんです。僕の中では完封と同じでした」。

「えっ? 完全試合と完封が同じ?」。思わず聞き返してしまった。「同じ、同じ」と笑った新谷氏が続ける。「だから、まだパーフェクト中だとかそんな意識は全くなかったです。普通に完封しているのと一緒だから。27人目のバッターに対しても意識は全くなくて、全然緊張していませんでした。それは生意気だとかそういうことではなくて、それだけ物を知らない本当の田舎者だったということです」。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」