野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「人を遺すは上」 楽天・田中将大がノムさんの人生訓を実践する若手指導

楽天に8年ぶりに復帰した田中将大投手はプロ1年目の2007年から3年間薫陶を受けた元監督、野村克也さんの一周忌の11日に「プロの世界で生きていくための基礎を全て教えていただいた。(亡くなったことが)まだ信じられない気持ちです」と述懐した。

楽天・則本昂大と会話する田中将大【写真:荒川祐史】
楽天・則本昂大と会話する田中将大【写真:荒川祐史】

「聞いてくれば何でも教える」スタンスで後輩に助言を送る

 楽天に8年ぶりに復帰した田中将大投手はプロ1年目の2007年から3年間薫陶を受けた元監督、野村克也さんの一周忌の11日に「プロの世界で生きていくための基礎を全て教えていただいた。(亡くなったことが)まだ信じられない気持ちです」と述懐した。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 野村さんが講演などで頻繁に引用した言葉に「財を遺すは下、仕事を遺すは中、人を遺すは上」がある。利益を生むことよりも、事業を発展させることよりも、人材を育てて次代につなげることこそ最も価値が高いという意味だ。実際、現在NPB12球団の監督のうち半数の6人(楽天・石井、ヤクルト・高津、阪神・矢野、中日・与田、日本ハム・栗山、西武・辻の各監督)が現役時代に野村さんの指導を受けたことがある“教え子”。見事に人材を球界に残している。

 その「人を遺すは上」を地で行っているように見えるのが沖縄・金武キャンプでの田中将だ。キャンプ合流初日の今月6日、ナインに向かって「7年間アメリカで野球をやってきて、色々経験してきたこともあるので気軽に聞いて下さい」とあいさつ。それにしてもまさか、現役バリバリのマー君がここまで広く、熱心に後輩たちへ助言を送るとは……。

「こちらから押し付けることはしないが、聞いてくれれば何でも答える」との方針で、これまでに報道陣から見える範囲だけでも則本昂、森原、酒居、引地らに身振り手振りを交え、時には自らボールを握って見せながら丁寧に教えていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」