野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日・根尾は内野と外野どっちで生きる? くすぶり続ける“論争”は「僕の責任」

プロ3年目を迎えても、関係者やファンからの注目は随一と言っていい。中日・根尾昂内野手の姿に、春季キャンプでも多くの視線が寄せられる。誰もが認める潜在能力ゆえ、入団時から「どのポジションで生かすか」と議論を呼んできた。昨季は外野にも挑戦したが、今季は遊撃でのレギュラー奪取を宣言。定位置を確保して、その“論争”に終止符を打ちたい。

中日・根尾昂【写真:荒川祐史】
中日・根尾昂【写真:荒川祐史】

今季初の対外試合となった13日のDeNA戦で3安打固め打ち

 プロ3年目を迎えても、関係者やファンからの注目は随一と言っていい。中日・根尾昂内野手の姿に、春季キャンプでも多くの視線が寄せられる。誰もが認める潜在能力ゆえ、入団時から「どのポジションで生かすか」と議論を呼んできた。昨季は外野にも挑戦したが、今季は遊撃でのレギュラー奪取を宣言。定位置を確保して、その“論争”に終止符を打ちたい。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季初の対外試合となった13日のDeNAとの練習試合(北谷)。「1番・遊撃」でスタメン出場すると、即座に結果で応えた。初回の第1打席でDeNAの先発・上茶谷から右前打を放つと、6回の第3打席では浜口から左翼線への二塁打。先発ローテの一角として期待される両投手から快音を奏でて勢いに乗ると、8回には左腕の砂田から中前にポトリと落ちる当たりで3安打の固め打ちをしてみせた。

 断続的に雨が降るグラウンド状況の中、守備もそつなくこなし「打つこと守ることに関しては、ちょっとずつキャンプの成果は出てきていると思います」とうなずく。ベンチから見た与田剛監督も報道陣に対し「守備もうまくなっていたでしょ? スローイングも球の回転よくなっていた」と評価。今後もしばらく遊撃で起用することを明言した。

 投手と遊撃手を主に担った大阪桐蔭高時代は、3年間で3度の甲子園優勝を経験した高校野球のスター。2018年のドラフト会議ではドラフト1位で4球団競合の末、中日に入団した。二刀流も期待されたが「ショート1本」と腹を決め、プロの世界に飛び込んだ。

 ただ、入団直後から“壁”が立ちはだかっていた。2017年にセ・リーグ新人王に輝いた京田陽太内野手が不動のレギュラーに。打撃不振で数試合スタメン落ちをするシーズンもあったが、守備は年々成長。根尾にとっては、リーグ屈指の名手がライバルとして存在する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」