野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

大ピンチ? 大チャンス? 千賀&東浜の調整遅れる鷹の開幕ローテどうなる

ソフトバンクが春季キャンプを行う宮崎市の生目の杜運動公園。キャンプ第4クール最終日となった16日に注目を集めたのは千賀滉大投手、東浜巨投手の初のブルペンでの投球練習だった。

ソフトバンク・石川柊太(左)と和田毅【写真:福谷佑介、代表撮影】
ソフトバンク・石川柊太(左)と和田毅【写真:福谷佑介、代表撮影】

開幕ローテ当確と言えるのは石川柊太と和田毅の2人だけか

 ソフトバンクが春季キャンプを行う宮崎市の生目の杜運動公園。キャンプ第4クール最終日となった16日に注目を集めたのは千賀滉大投手、東浜巨投手の初のブルペンでの投球練習だった。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 両ふくらはぎのコンディション不良でリハビリ組の千賀は捕手を立たせたまま15球。ストレート13球、スラーブ2球を投げ、最速153キロをマークしていた。12月下旬に新型コロナウイルスに感染し、調整が遅れている東浜はまだ軽めの投球だが、捕手を立たせたままボールを投じ、マウンドの傾斜を確認した。

 3月26日のシーズン開幕まで、あと38日。千賀と東浜が果たして開幕に間に合うのかどうかは気がかりなところだ。ただ、現段階でまだブルペンでの投球練習を再開させたばかりで、ここから本格的な投球練習、打撃投手登板、実戦形式、そして実戦と段階を経ていく必要があるだけにギリギリか、厳しいと言えるだろう。

 仮に千賀、東浜が開幕に間に合わなかった場合、ソフトバンクの先発ローテの顔ぶれはどうなるだろうか? 昨季6勝をマークしたマット・ムーア投手も退団し、新助っ人のコリン・レイ投手、前日本ハムのニック・マルティネス投手は来日時期がまだ不透明。状況的には楽観視できるものではなさそうだ。

 千賀、東浜が不在となった場合にローテの核となるのは昨季、千賀と楽天・涌井と最多勝を分け合った石川柊太投手、そして40歳のベテランとなる和田毅投手の2人だろう。ただ、ローテ当確と言えるのは、この2人だけ。残る4枠は今後の練習試合、オープン戦を通しての競争となる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」