野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「よく分からない打ち取り方」って? 鷹の開幕投手・石川柊太の独特の考え方とは…

開幕に向けて、まずまずの再スタートを切ったと言えるだろう。27日にSOKKENスタジアムで行われたオリックスとの練習試合。ソフトバンクの2番手で登板したのは、3月26日のロッテ戦での開幕投手に決まっている石川柊太投手だった。

ソフトバンク・石川柊太【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・石川柊太【写真:福谷佑介】

27日のオリックス戦に登板して3回を無失点に抑えた石川柊太

 開幕に向けて、まずまずの再スタートを切ったと言えるだろう。27日にSOKKENスタジアムで行われたオリックスとの練習試合。ソフトバンクの2番手で登板したのは、3月26日のロッテ戦での開幕投手に決まっている石川柊太投手だった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 キャンプ中盤に指先に出来たマメの影響で実戦登板から離れていた右腕が今季初めて対外試合のマウンドに上がった。和田毅投手のあとを受けて2番手で登板すると、予定の3イニングを投げて1安打無失点。登板後は「そういうのも含めて問題はなかった。1番気にしていたところですけど、問題なかった。今日はそれで十分くらい」と表情を緩めた。

 その石川が語ったコメントの中に、ふと“石川らしさ”が感じられる一節があった。

「結果、ゼロというところはこだわっているんで良かったんじゃないですかね。内容に関しては、なんて言うんですかね…、シーズン中も思い切り投げて打ち取るみたいなのがあるんで“よく分からない打ち取り方”というところでは自分らしさが出たんじゃないですかね」

 はてさて、石川の言う“よく分からない打ち取り方”とは何なのだろうか。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」