野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷一問一答「最初は軽くいこうかと」215日ぶり実戦登板で最速161キロ5奪三振

大谷一問一答「最初は軽くいこうかと」215日ぶり実戦登板で最速161キロ5奪三振

エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アリゾナ州メサで行われたアスレチックスとのオープン戦で今季初の実戦登板。1回2/3で5奪三振2四球、3安打1失点に抑えた。フォーシームの最速は100マイル(約160.9キロ)だった。

今OP戦初のマウンドに上がったエンゼルス・大谷翔平【写真提供:Angels Baseball】
今OP戦初のマウンドに上がったエンゼルス・大谷翔平【写真提供:Angels Baseball】

1回2/3で3安打1失点、全アウトを三振で奪った「真っすぐ、スプリット」

■アスレチックス – エンゼルス(オープン戦・日本時間6日・メサ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アリゾナ州メサで行われたアスレチックスとのオープン戦で今季初の実戦登板。1回2/3で5奪三振2四球、3安打1失点に抑えた。フォーシームの最速は100マイル(約160.9キロ)だった。

 初回。先頭・カンハをフォーシームで見逃し三振。アンドラスに左翼線二塁打とされたが、オルソンを最速100マイル(約161キロ)のフォーシームで空振り三振。チャップマンへ四球を与えたものの、モアランドをスプリットで空振り三振に仕留めた。

 2回は先頭・ラウリアーノの左中間二塁打。ピンダーを空振り三振に抑えた後、ケンプに右中間へ適時二塁打を許した。ガルシアには四球を与えたが、続くカンハをスプリットで空振り三振に仕留めた。41球を投げたところで降板。24球がストライクだった。

 大谷は昨年8月2日(同3日)の本拠地・アストロズ戦後に右前腕の筋損傷が判明。その後は打者に専念し、2試合登板、0勝1敗、防御率37.80に終わった。2月27日(同28日)のキャンプ2度目のライブBP(実戦形式の投球練習)で最速100マイル(約161キロ)をマーク。キャンプ中に大台超えするのは日米通じて初めてだった。この日の実戦登板は215日ぶりだ。登板後の取材対応では充実した様子で振り返った。

――実戦初登板を振り返って。
「球数をしっかり投げられたし、ランナーを背負った投球は実戦でしか出来ない。そこも良かったかなと思います」

――去年は腕を振り切れてなかったと話していた。
「最初だったので、比較的軽くいこうかと思っていた。特にカウント球は。そういう感じでいったんですけど、最後の方の決めに行く時は引っ掛け気味。球は力んでいたので、そこは実戦ならでは。最後決めにいく時も、いいリリースで投げられればいいのかなと思いますね」

――マドン監督は中5日で回る予定と話していた。
「実際にやってみないと、どういうサイクルで回っていくか分からない。1試合、2試合だけで状態が分かるわけではない。10試合、20試合投げた時にどうなるか。特に後半はそんな感じになるのかなと思うので。そういう間隔で投げられればベストだと思いますし、それが出来るような調整が望まれていると思います」

――スケジュールで調整が必要と。具体的には。
「ブルペンの球数も考える必要があるし、日々のキャッチボールの強度も毎日全力で投げればいいというわけではないと思うので。これまで中6日のスケジュールで自分がどういうふうにやればいいか、相談しながら決めてきましたけど、1日違うのは投手にとって違うことだと思うので。そこは経験しながら、どれが合っているか確かめる必要があると思います」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」