野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ投手陣は「かなりの出来」 井口監督が期待、ドラ4河村は“パ・リーグ向き”

プロ野球はいよいよオープン戦がスタート。3月26日の開幕に向け、順調にキャンプを打ち上げた12球団は、オープン戦を経ながら今季戦力の見極めを行っている。選手にとっては、開幕1軍入りへアピールできる最後の場。ギアを1段階上げた最終調整に取り組んでいる。

ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】

ロッテ井口監督が語るリアルな想いを届ける月連載・第2回

 プロ野球はいよいよオープン戦がスタート。3月26日の開幕に向け、順調にキャンプを打ち上げた12球団は、オープン戦を経ながら今季戦力の見極めを行っている。選手にとっては、開幕1軍入りへアピールできる最後の場。ギアを1段階上げた最終調整に取り組んでいる。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 就任4年目の井口監督率いるロッテも、本拠地ZOZOマリンスタジアムに戻り、オープン戦をスタートさせた。監督就任以来、育成システムを見直し、チームの土台作りに励んできた指揮官の下、チームは徐々に順位を上げて、3シーズンで最下位からリーグ2位まで浮上した。

 今季目指すは、もちろんリーグ優勝&日本一。チームスローガンに「この1点を、つかみ取る」を掲げ、森脇浩司1軍野手総合兼内野守備コーチ、松中信彦臨時打撃コーチら新たな声を取り入れて、キャンプでは泥臭く1点にこだわる意識をチームに植え付けた。

 井口監督のリアルな想いを毎月お届けする連載シリーズ第2回は、キャンプで得た手応え、そして指揮官が考える佐々木朗希の強み、について語る。【取材・構成 / 佐藤直子】

 ◇ ◇ ◇

 沖縄・石垣島でのキャンプを終え、沖縄から北上しながら練習試合を戦い、ようやくZOZOマリンスタジアムに戻ってきました。今年は新型コロナウイルスの感染対策のため、ファンの皆さんに直接キャンプの様子をご覧いただけなかった。練習試合でも、2月末に高知で行われた西武戦からようやくお客さんの前でプレーできたわけですが、やっぱりお客さんの拍手は選手の力になります。ましてや本拠地に戻って地元ファンの前でのオープン戦となれば、選手の表情にも一段とやる気が満ちていました。

 この4年やってきた中でも、今年は一番いいキャンプが送れたんじゃないかと思います。

 まず、投手陣は練習試合、オープン戦を見ていただいても、かなりの出来になっています。特に、若い選手がいい形で出てきました。ルーキーの鈴木昭汰、河村説人がしっかり放って、オープン戦が始まった段階でもローテーションと中継ぎに食い込めそうな位置にいる。昨季良かったのは、7回以降を投げる投手が安定していたから。澤村(拓一)が抜けた中で、小野(郁)や河村が頑張って厚みが増せば、先発から繋ぐ、いい流れができると思います。

 河村はブルペンでの投球を見ると、そこまで迫力は感じない。でも、マウンドに立つと高身長(192センチ)もあって、上から投げ下ろすスタイルで非常に圧があると感じます。スピードガンでは時速140時キロ台半ばくらいですが、かなり打者も差し込まれている。縦の変化球を持つ投手なので、1年後にはどこまで成長するか楽しみですね。

 パ・リーグは強打者が多く、逆方向に打てるホームラン打者も多いので、スライダーのように横に動く変化球よりもフォークやチェンジアップのように縦に動く変化球で空振りを取れる投球の方が通用します。ドラフトでも横変化よりも縦変化を意識した人選をしました。河村は我々が思っていた通りのピッチングをしてくれていますし、もっと真っ直ぐのスピードも出てくるでしょう。開幕1軍に向けて、残りの日々でさらにアピールしてくれたら、と思います。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」