藤原、安田に続く新たなブレーク候補…ロッテ・山口航輝が期待されるチーム事情

ロッテ・山口航輝【写真:荒川祐史】
ロッテ・山口航輝【写真:荒川祐史】

昨季は2軍で全試合に出場し、4番打者として奮闘

 安田尚憲内野手、藤原恭大外野手に次ぐ、ロッテの新たなブレーク候補の台頭だ。オープン戦で4番打者として奮闘を続ける山口航輝外野手が、3月11日の楽天戦で待望の1号を放った。昨季は安田が若き4番として出場を重ねたが、今季は安田よりひとつ年下の山口が、同様の抜擢を受ける可能性がありそうだ。

 山口は、藤原と同期の高卒3年目の野手。昨季まで1軍出場は1試合もなかったが、プロ1年目の2019年から2軍で積極的に起用されており、2020年にはファームの4番打者を任された。こういった起用法からも、球団からの大きな期待がうかがえる。

 そんな山口が過去2年間で記録した2軍での年度別成績は下記の通り。

2軍での年度別成績【表:PLM】
2軍での年度別成績【表:PLM】

 2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で2軍の試合数が大きく減少したこともあり、試合数自体は前年に比べて減少している。しかし、昨季のロッテが戦った2軍戦は全部で70試合であり、山口は全試合出場を達成している。安打、本塁打、打点、四球といった各種の数字は試合数の減少にもかかわらず向上し、進歩の跡も感じられる。

 前年との比較をすべく、2020年の2軍成績を前年と同じ114試合に換算した表を紹介していきたい。

2020年の2軍成績を前年と同じ114試合に換算【表:PLM】
2020年の2軍成績を前年と同じ114試合に換算【表:PLM】

 各種の成績は約1.6倍に上昇。数字の面でも成長がうかがえる。出塁率や四球の向上は、プロ初年度は課題のひとつだった選球眼も改善を見せつつあることがわかる。

 しかし、昨季途中に1軍選手の中で新型コロナの集団感染が発生したことにより、2軍選手の大半が1軍に昇格する一幕があった。その中で、山口は2軍で4番として一定の活躍を見せながら昇格の声はかからず。今季は満を持して1軍定着に挑むシーズンでもある。

藤原とは奇しくもOPSがまったく同じ数値

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY