加藤豪将、試行錯誤で手にした打撃 “8度目の春”で目指す悲願のメジャー昇格

パドレス・加藤豪将【写真:Getty Images】
パドレス・加藤豪将【写真:Getty Images】

パドレスとマイナー契約を交わした加藤はオープン戦で猛アピールを続ける

 パドレスとマイナー契約を交わし、招待選手としてキャンプに参加している加藤豪将内野手が12日(日本時間13日)、敵地でのアスレチックス戦で2度目の先発出場。指名打者として3打席に立ち快音は発せられなかったが、2度の盗塁を試みる積極的な走塁でアピールした。【木崎英夫】

 ここまで出場した10試合で3ランを含む6安打を放ち、打率を4割に乗せていた加藤がオープン戦初のDHを任された。結果は、空振り三振、左飛、遊撃失策、死球で快音は発せず。しかし、出塁後はいずれも、二塁へ土を蹴った。2度目は阻止されたが、果敢な走塁は機動力向上を目指すティングラー監督のチェックポイントの一つ。

 タティスJr.、マチャド、ホズマー、マイヤーズらを擁する強力打線が売りのチームだが、ティングラー監督は大味な野球を決して好まない。コロナ禍で60試合に短縮された昨季、チームの盗塁数は2019年の8位(70個)から一気にリーグトップ(55個)へと跳ね上がった。就任1年目で14年ぶりのプレーオフに導いた指揮官の手腕には走塁の意識付けもあった。貪欲に次の塁を狙う加藤の姿に目尻を下げる指揮官の顔が浮かぶ。

 朝の監督会見に先立って行われる選手とのオンライン会見で、この日登場したのが加藤だった。サンディエゴの高校出身とあって、地元でメジャーデビューを飾る夢や、少年時代に見たイチローの打撃に衝撃を受け、左打ちに変えたエピソードなどを淀みなく紡いでいった。そして、打撃についてこう話している。

「自分のスイングがメジャーレベルで通用するかどうか。これにずっと重点を置いて取り組んできましたが、オープン戦開始後1週間は経たないとどうかは分からないと思っていたので、自信を高める結果が早々に出て嬉しいです」

ティングラー監督も称える打撃フォーム「見事なインサイドアウトの振り」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY