「やりがいはある、でも…」運送業者となった交流戦初代“首位打者”が届けたいもの

マスターズ甲子園に出場した石井義人氏【写真:本人提供】
マスターズ甲子園に出場した石井義人氏【写真:本人提供】

横浜、西武、巨人で活躍した石井義人氏のプロ18年間を振り返る

 運転していると野球場が視界に入ってくる。新しい仕事場からはNPB球団の本拠地のライトが見える。「戻りたいな、と思うことはありますよ」……。横浜、西武、巨人で活躍した石井義人氏は今、千葉の総合物流企業に勤務している。【楢崎豊】

 荷物を積んだトラックのハンドルを握る。段ボールの中身は大型量販店へ届ける衣類や、企業が使うオフィス用品などが詰まっている。守備や打撃同様、下半身が大事になってくる業務だ。ファンにヒットで感動を届けたように、今は“お客様”に満足と品質の高い商品を届けている。

「荷物が重いので野球と同じ体力勝負です。トラックに積んで、運ぶという作業を1日で14、15回くらい。体力つきますよ。上半身も、下半身も強くなる。まだ(足が)太くなったりしています」

 石井氏は埼玉の名門・浦和学院で1年夏から甲子園に3度出場。高校日本代表にも選ばれた。1996年のドラフト会議で横浜ベイスターズ(現DeNA)にドラフト4位で入団。その後、西武、巨人と渡り歩き、2014年に現役引退。その後はルートインBCリーグの埼玉武蔵や山形・佐藤病院の軟式野球チーム、女子プロ野球で指導者を務めた。その後、知人の紹介で約2年前から株式会社SITに勤務をしている。

「やりがいを感じながら、仕事をしています。でも球場や少年たちが野球をやっているのを見ると、(当時に)戻りたいなと思う時はありますよ」

 物流の世界で高いサービスを提供している同社で汗を流すが、野球のことが頭から離れた日はない。所属した球団、企業で野球を通じて人生を学んできたからだった。

 プロ1年目の1997年。高卒ルーキーだった石井氏はレベルの高さを痛感した。1年目のベイスターズは2位、翌1998年はマシンガン打線を擁して、日本一に輝いた。

「このチーム……すごいと思いましたね。高卒とはいえ、この戦力の中で1軍にいるためにどうしたらいいんだろうと考えてました」

自分が指導者になったら「イップスは治せる」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY