「弱音を吐くな、笑顔でいろよ」怪我から復帰の巨人期待の主軸候補が胸に刻む言葉

巨人・山下航汰【写真提供:読売巨人軍】
巨人・山下航汰【写真提供:読売巨人軍】

3年目の山下航汰がリハビリを経て1軍の舞台に

「力が入りすぎてしまいましたね」と反省の言葉が口をついた。3月9日のソフトバンクとのオープン戦(PayPayドーム)。巨人・山下航汰外野手はけがから復帰し、ようやくスタートラインに立った。結果は出なかったが、その果敢で、思い切りの良いスイングに期待感が膨らんだ。【楢崎豊】

 復帰戦から一夜明けた10日。山下にオンラインで話を聞いた。2軍戦に出場していたとはいえ、1軍の試合ならば自然と力は入る。「目覚めは普通でしたが、疲れはやはり少しあるかなと感じますね。平常心で臨めたと思うんですけど、やっぱり力が入っていたのかなとは思います」。ただ表情は明るい。心地よい疲労感が全身を覆っているようだった。

 山下は一昨年、イチロー氏(当時オリックス)以来となる高卒1年目でファーム首位打者に輝き、2年目は開幕1軍どころか一塁でスタメンも期待された。しかし、6月の開幕直前。右手首付近の有こう骨を骨折。夏頃の復帰を目指したが、今度は右肘痛に悩まされ、リハビリで1年が終わってしまった。オフには育成選手契約となった。

 2度のけがで「非常に焦りがある」という。ただ、まだ20歳とあり、ひとつの糧としてほしい。リハビリ期間だから、見ることができた景色だってある。

 昨年の今頃と比べて、ストレッチにかける時間が「3倍以上」になった。これもけがから得た学びだ。

「ストレッチにかける時間はすごく長くなりました。今まではそこへの意識を欠いていたのではないかな、と思っています」

 甲子園でも華々しい満塁弾を放つなど、高校通算75本塁打を記録したスラッガー。プロ1年目からその卓越したバット技術を披露した。順調に来ていたから、体を労ることに気がつかなかったのかもしれない。ファームでは阿部慎之助2軍監督、二岡智宏3軍監督らからも、けがとの向き合い方、リハビリ期間の過ごし方など、アドバイスをもらった。

「阿部(2軍)監督、二岡(3軍)監督から、ご自身も現役時代にけがを何度もされていたと、話を聞きました。ストレッチの方法や、鍛える場所がどこだというような話ではなく、けがをしないために、どういうことをしていくか。日々の意識が大切だと学びました」

 一流選手だってけがをする。そのたびに強い体を作るため、改善する。同時に未然に防ぐことも重要になってくる。だからこそ、準備や姿勢にこだわらないといけない。

リハビリ期間中に見ていた1軍左腕の一生懸命な練習姿

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY