菊池雄星がOP戦で示した“勇気”とは? メジャー3年目に賭ける気概

マリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
マリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

6奪三振の力投「今まで使ったことのない球種を使おうと」

 マリナーズの菊池雄星投手は、14日(日本時間15日)のブルワーズ戦に先発し、一、三塁のピンチで3者連続三振を奪うなど計6奪三振の力投を見せた。4回途中で予定の球数を超えたため1死一塁で降板。2番手がヒットを許し、降板後に自責点1が付いた。オープン戦3度目の登板は3回1/3を投げて2安打1失点。要所では昨季多投したカットボールに頼らず「勇気を持って投げた」スライダーで勝負するなど、本番へ向けたメンタル面の準備にも着手した。【木崎英夫】

 2回、敵を圧する投球でピンチを凌いだ。右前と左前の連打で無死一、二塁。3盗を許し一、三塁とされた場面で、菊池はカッターを封印。オフから精度の向上に取り組んできたスライダーを勝負球に選んだ。2者連続の空振り三振を奪うと、カウント3-1から3球ファールで粘る3人目にも迷うことなくこの球で挑んだ。結果は、3者連続の空振り三振。

 嬉しかったのは結果だけではなかった。菊池は、見せ場を作った場面の心境をこう振り返った。

「正直、カットボールでという頭もありましたけれど、まだスプリングトレーニングなので勇気を持って積極的に、今まで使ったことのない球種を使おうと」

昨季は150キロ台のカッター多投…制球安定せずオフにフォーム修正

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY