2打席連発は「2本とも違う」「投げている方が打席でも集中」大谷翔平、一問一答

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

初回にいきなりOP戦2号ソロ「1打席目も軽く当てたような感じでしたけど」

■レッズ 7-3 エンゼルス(オープン戦・日本時間16日・テンピ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、レッズ戦とのオープン戦に「2番・DH」でスタメン出場し、初回に2号ソロ、3回に3号ソロと2打席連発をマークした。2打席連発は、2018年8月3日(同4日)のインディアンス戦以来、実に955日ぶり。出番を終えた会見での一問一答は次の通り。

――逆方向は意識したか。
「そんなことはないですね。自然に向こうに上がっているかなと思います」

――全方向に長打を打てる。いいことか。
「そうですね。1打席目も軽く当てたような感じでしたけど、あそこにしっかり入るなら引っ張っても入るので。それはいいんじゃないかなと思います」

――二刀流の起用でリズムが出ているのか。
「投げている方が自然と打席でも集中している感じはありますし、特に打席ではボール、ストライクの判断もいいと思う。結果以上に立っている感じはいいかなと思います」

――オープン戦で20打席。ここまでの打撃の評価は。
「今のところはいいかなと思いますね。打ちにいっているボールはしっかりストライクのボールですし、ファウルになっているのもストライクのボール。見逃しているのが比較的にボールになるような球なので。振っている結果ももちろんいいんですけど、振るか振らないかの判断もまずまずいいんじゃないかと思います」

――オープン戦で結果が出ている。
「いいんじゃないですかね。どちらかと言ったら、結果的に風で本塁打になっているのは。もともとはレフトフライだけど、風で本塁打になりましたというのはオープン戦ではあまり必要ないので。逆風でもしっかりと。逆風でアウトになったけど、捉えている打球が必要だと思うので。今のところはいいんじゃないかと思っています」

いずれも逆方向弾「2本とも違う本塁打だった」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY