西武の「開幕三塁」はイケメンルーキー? 出遅れたおかわり君&よくばり君を横目に…

広島戦に出場した西武・ブランドン【写真:宮脇広久】
広島戦に出場した西武・ブランドン【写真:宮脇広久】

ドラ6のブランドンはOP戦9試合で打率.286&1本塁打、指揮官も「パンチ力がある」

 西武の三塁手争いが混とんとしている。昨季69試合でホットコーナーを守った中村剛也内野手が左ふくらはぎの違和感で出遅れ、同54試合のコーリー・スパンジェンバーグ内野手はコロナ禍で来日のメドが立っていない。期待のドラフト1位ルーキー・渡部健人内野手も右肩痛の影響でようやく16日に1軍初合流を果たしたばかりだ。現状で定位置に最も近いのは、ドラフト6位で入団したタイシンガー・ブランドン大河内野手(登録名ブランドン)と見てよさそうだ。

 米国人の父、日本人の母を持つブランドンは沖縄県出身で、同・石川高時代には投打二刀流で名を馳せ、東農大北海道オホーツクを経て西武入りした。沖縄から一気に北海道へ飛び、今度は首都圏の埼玉でプレーすることになった男は彫りの深いイケメン。

 指名順位こそ下位だったが、春季キャンプでA班(1軍)に抜擢され、シート打撃でも練習試合でもチームで最初にオーバーフェンスを放ってみせた。辻発彦監督は「パンチ力がある」と予想以上のパワーに目を細めた。

 3月に入ってからのオープン戦でも9試合で打率.286(21打数6安打)、5打点1本塁打。決して引っ張り専門ではなく広角に長打を打てる。16日の広島戦(メットライフドーム)では、5回先頭で広島・森下から左前打を放つと、続く西川との間でヒットエンドランを成功させ、快足を飛ばして三塁を陥れた。

ドラ1渡部は“1軍デビュー戦”で投ゴロ、失策も

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY