西武・今井に求められる奮起… 高3夏に頂点極めた右腕が同学年の阪神・佐藤輝に被弾

阪神戦に先発した西武・今井達也【写真:宮脇広久】
阪神戦に先発した西武・今井達也【写真:宮脇広久】

作新学院で全国制覇果たした今井と、兵庫県大会初戦コールド負けの佐藤輝の邂逅

■阪神 5-3 西武(オープン戦・17日・メットライフ)

 西武の今井達也投手は17日の阪神とのオープン戦(メットライフドーム)に先発したが、同学年のドラフト1位ルーキー阪神・佐藤輝明内野手に1発を浴びるなど、5回3安打3四球4失点。夏の甲子園優勝の肩書を引っ提げドラフト1位で入団した右腕は5年目を迎えたが、豊かな才能が本格的に開花する兆しはまだ見えない。

「ハチャメチャというわけではない。いい球もあった」。辻発彦監督が試合後に取りなしたように、常時150キロを超える速球の勢いは最後まで衰えなかった。しかし、ここぞの場面で不用意だった。

 1回先頭の近本に対する初球の152キロが真ん中高めに浮き、すさかず右中間二塁打を浴びる。これをきっかけに先制点を許した。続く2回には先頭の佐藤輝にカウント1-1から外角高めの150キロを右中間スタンド上段まで運ばれた。「結構飛ばされてしまいましたね。インハイで勝負すればよかったかと……。悔いが残りますし、悔しいです」とコメントした。

 なおもこの回、1死二塁で二塁走者・梅野に意表を突かれて三盗を許し、直後に板山に左犠飛を献上。5回先頭の板山に右中間席へ放り込まれたのも、カウント0-1からの外角高めの150キロだった。被本塁打2はいずれも左打者に、ほぼ同じコース、同じ球速のストレートを、同じ方向へ打たれたことになる。

 辻監督は「ストライクを取る手段は、空振りと見逃しだけではない。全球必死に投げてもダメ。ストライクを先行できるように、もう少し考えて投げてほしい」と緩急をつけるなどの工夫を求める。

ローテの軸として期待された昨季は3勝4敗、防御率6.13に終わった

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY