「毎日、夢に出てくる…」中学で日本一、明豊のプロ注目右腕が立つ念願のマウンド

明豊・京本眞【写真:編集部】
明豊・京本眞【写真:編集部】

京本は大淀ボーイズで日本一経験、鷹・今宮に憧れて明豊に進学

 第93回選抜高校野球大会が開幕した。大会3日目(21日)に東播磨(兵庫)と対戦する明豊(大分)にはプロ注目の2投手がいる。表情が巨人・坂本勇人内野手の高校時代を彷彿とさせるエース右腕の京本眞と巨人・太田龍投手を兄に持つ左腕・太田虎次朗。タイプの違う2人は互いに刺激し合いながら甲子園へやってきた。念願だった甲子園のマウンドを踏む京本に思いを聞いた。【市川いずみ】

「甲子園のことばっかり考えていて、早くグラウンド行きたいなあ、野球したいなあって気持ちでいっぱいです!」

 京本の頭の中は甲子園で埋め尽くされている。

 2009年夏、テレビで見ていた明豊-花巻東(岩手)の試合が忘れられなかった。

「今宮(健太・現ソフトバンク)さんと菊池雄星(現マリナーズ)さんが投げていて、かっこいいなって。高校を決めるときに自分の中で一番印象に残っているのが明豊だったので大分に来ました」

 明豊の印象はどんなチームだろうか? 例えば2017年夏の甲子園の戦績を振り返ってみると、2回戦で坂井(福井)に7-6、3回戦で神村学園(鹿児島)に9-8、準々決勝の天理戦(奈良)では9-13といずれも5得点以上。強打の印象が強い。一方で、全ての試合で5失点以上している。

 京本が明豊を選んだのは後者の印象が強かったから。「打撃は強いけど10点くらい取られたりしていました。自分が入って、そこを0点に抑えることができたらチームも日本一になれると思いました」。中学時代、大淀ボーイズ(大阪)でジャイアンツカップを制した。今度は明豊を常勝軍団にしたいという思いで入学した。188センチから投げ下ろす直球は現在、最速143キロを記録する。

背番号11で昨年のセンバツ出場予定も…交流試合は故障でスタンド応援

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY