大谷一問一答 渡米後初リアル二刀流で躍動「自分で点を取れば投球でも攻められる」

会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)

「1番・投手」で4回5奪三振2安打1失点、2試合ぶり5度目マルチ安打で打率.636に上昇

■パドレス – エンゼルス(オープン戦・日本時間22日・ピオリア)

 エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、アリゾナ州ピオリアで行われたパドレスとのオープン戦で「1番・投手」で先発出場した。初回の第1打席で中前打を放ち、9試合連続安打をマーク。5回の第3打席で左中間フェンス直撃打を放ち、2試合ぶりマルチ安打を記録した。投球では4回5奪三振2四球、2安打1失点で降板。米メディアによると、直球は101マイル(約162.5キロ)を計測した。

「1番・投手」での先発出場は日本時代の2016年7月3日のソフトバンク戦以来1722日ぶり。まず打撃では初回先頭で左腕スネルから中前打を放ち、5回1死では左中間フェンスに直撃する一打を放った。オーバーランしたところでタッチアウトとなったが、2試合ぶり5度目のマルチ安打を記録。2打数2安打1四球でオープン戦は打率.636、OPS1.836に上げた。

 投げても圧巻の投球を見せた。初回1死三塁から遊ゴロの間に先取点を献上したものの、3回1死一、二塁のタティスJr.の3球目ファウルでは101マイル(約162.5キロ)を計時。このピンチを切り抜け、4回2四球5奪三振、2安打1失点。オープン戦の防御率7.88となった。

 球団によれば、レギュラーシーズンで先発投手が1番で先発出場するのは1916年以来105年ぶり。登板後の会見で、大谷は投打のパフォーマンスを振り返った。

――DH解除して試合に臨んだ。
「DH解除したよりも1番打者として出ることがあまりなかった。1番としての仕事は出来たかなと思います」

――疲労や疲れを感じるか。
「そんなことはないですね。準備も向こうのスタジアムで10分ぐらいケージで打ってからしか来てないので。そんなに4打席に立っただけです。塁にはいましたけど、そんなに。盗塁をしたわけではないので特にはなかったかなと思います」

――シーズン中も投打でやりたいか。
「自分自身で打って点を取るなら、それだけで楽になるんじゃないかなというか。取ってもらった点数はどうしても大事に大事にしたがるところがあると思うんですけど。もし自分で点を取れるなら、自分の役割をやったという自信もあると思うので、よりアグレッシブにマウンドでも攻められると思っています」

タティスJr.への163キロも反省「ボールゾーンの釣り球になれば、もっといい結果になった」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY