パ6球団のコラボスニーカー第2弾が再販 サンガッチョ社長が靴に込めた思いとは?

靴工房サンガッチョ×パ6球団のコラボ「FUNスニーカー」第2弾が再販へ【写真提供:(C)SANGACIO】
靴工房サンガッチョ×パ6球団のコラボ「FUNスニーカー」第2弾が再販へ【写真提供:(C)SANGACIO】

球団こだわりのデザインで彩られた公式コラボスニーカー第2弾

 2020年1月に販売され、大きな反響を呼んだ靴工房サンガッチョ×パ・リーグ6球団のコラボスニーカー「FUNスニーカー」。第1弾に続き、2020年10月に販売された第2弾の追加抽選販売が3月18日より行われている。

 制作にあたり、サンガッチョジャパンの前田社長はパシフィックリーグマーケティング(PLM)の担当者とともにパ・リーグ6球団とデザインを調整。「ファンの方に普段からチームを身に着けてほしい」という思いから、色や素材など細部に各球団のこだわりが反映されたスニーカーとなっている。

 今回は各球団のビジターユニホームや伝説のチームカラーがモチーフ。なかでも西武のスニーカーは1978年~2008年代まで使用され、今でも多くのファンに愛される黄金期の象徴「ライオンズブルー」が起用されている。試行錯誤を重ねたという赤と緑の配色は、当時のユニホームを彷彿とさせるデザインだ。

 さらに、革はこのスニーカーたちのために染められたオリジナルカラーで、オリックスと楽天のアウトソールに使われている「ゴールド」も、それぞれの球団に合わせて微妙に色を変えているという。日ハム、ロッテ、ソフトバンクはスエード革を使用し、より普段使いしやすいデザインに。こちらも複数のサンプルを作成し、素材を決定。高い再現度とデザイン性を両立している。

球団と「ともに歩む」。スニーカーに込められた思いとは

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY