野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神ドラ1佐藤輝は「最低20発打つ」…でもV厳しい? プロ21年の元捕手がセ順位予想

26日にプロ野球のペナントレース開幕が迫っている。セ・リーグでは、安定した戦いぶりで2連覇中の巨人に、DeNAからFA移籍で梶谷隆幸外野手が加わった。阪神はドラフト1位ルーキーの佐藤輝明内野手がオープン戦で12球団最多の6本塁打を量産し、期待が高まっている。現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(DeNA)で捕手として21年間活躍した野口寿浩氏は「2強」中心の展開を予想し、セ6球団の順位を占った。

広島・栗林良吏、阪神・佐藤輝明、巨人・菅野智之(左から)【写真:荒川祐史】
広島・栗林良吏、阪神・佐藤輝明、巨人・菅野智之(左から)【写真:荒川祐史】

ヤクルトなどで捕手として通算21年間活躍した野口寿浩氏がズバリ!

 26日にプロ野球のペナントレース開幕が迫っている。セ・リーグでは、安定した戦いぶりで2連覇中の巨人に、DeNAからFA移籍で梶谷隆幸外野手が加わった。阪神はドラフト1位ルーキーの佐藤輝明内野手がオープン戦で12球団最多の6本塁打を量産し、期待が高まっている。現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(DeNA)で捕手として21年間活躍した野口寿浩氏は「2強」中心の展開を予想し、セ6球団の順位を占った。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

1位 巨人
2位 阪神
3位 広島
4位 中日
5位 DeNA
6位 ヤクルト

「メジャー移籍を目指していた菅野(智之)の残留と、梶谷の加入が非常に大きい」と巨人について語る野口氏。梶谷は昨季リーグ2位の打率.323をマークするなど、プロ14年間で最高の成績を残した。「1番に定着して昨季並みか、それに近い成績を残せば、巨人のリーグ3連覇は揺るぎないものになる」とみる。

 楽しみなのが阪神だ。昨季2位に躍進したのに加え、新人の佐藤輝がオープン戦で本塁打を連発。「佐藤輝は打率の方は読めないが、最低20本塁打は行く」と野口氏は評価している。戦力的に見て、巨人に対抗できるのは阪神しかない。

 それでも、16年ぶりの優勝までは予想しづらい理由は、巨人との直接対決での弱さにある。昨季8勝16敗の“ダブルスコア”で、2008年以降13年連続で勝ち越せていない(2009、10、11年は5分)。「これだけ分が悪いと、巨人は常に“上から目線”で戦え、逆に阪神は平常心を保つことが難しくなり、ピンチでエラーが出る悪循環に陥りがち」と指摘する。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」