鷹16年ドラ1右腕はベールを脱ぐか? パ・リーグ6球団の今シーズン注目株を特集

ソフトバンク・田中正義【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・田中正義【写真:福谷佑介】

ソフトバンクの杉山、田中ら剛速球を武器にする右腕たち

 今季も無事にキャンプを完走したパ・リーグ6球団。オープン戦を経て、いよいよシーズンインへ準備も進む。キャンプでは、主力選手を中心としたメンバーやルーキーが注目されがちだが、当然ながらB班(チームによってはB組/2軍呼び)スタートながら1軍の出場機会を勝ち取った選手や、A班(A組/1軍)でのアピールに成功し、シーズンでの活躍につなげた選手もいる。今回は2年目以降の選手を中心に、昨年と今年のキャンプイン時点での顔ぶれを比較しつつ、来たる2021年シーズンを予測していきたい。

【ソフトバンク】鷹の投手陣に豪腕がまた1人、かつてのドラ1右腕は覚醒なるか

 例年、次々と新たな戦力が誕生しているソフトバンク。杉山一樹投手は昨年はB組スタートだったもののシーズン中は1軍でも活躍した。その持ち味は恵まれた体格から放たれる150キロ超の豪速球。シーズンでの登板数が少なかっただけに、「SMBC日本シリーズ2020」で投じた157キロの速球はセ・パ両リーグのファンに衝撃を与えた。今季はA班キャンプに帯同しており、開幕ローテーション入りも期待される立場。千賀滉大投手に続く豪腕投手の台頭に注目したい。

 一方で、今年のB組キャンプでは田中正義投手を挙げたい。プロ4年間で通算11登板と苦しい状況が続いたが、昨季はファームで最速156キロを計測。持ち味の快速球を取り戻しつつある。藤本博史2軍監督も、B組で目立った選手の1人として名前を挙げているだけに期待値も高い。2016年のドラフトでは5球団が競合した逸材が、ついにそのベールを脱ぐか。

【ロッテ】スピードスターに続く注目株は長距離砲

 ロッテの新たなスピードスター・和田康士朗外野手も昨年は育成選手として2軍スタートだった。ただキャンプ中盤から1軍に参加し、練習試合などで俊足をアピール。確実に爪痕を残し、6月の支配下登録につなげた。それ以降の活躍は言うまでもない。71試合の出場ながらもリーグ3位の23盗塁を記録し、チームの2位浮上に貢献した。

 ファームでは主力選手も多く調整を行っているだけに、1軍の中で和田と同様の成長曲線を描きそうな選手に注目したい。若き大砲候補・山口航輝外野手だ。昨年はB班でスタートし、シーズンでも1軍出場はなかった。一方で、ファームでは中軸として70試合に出場し7本塁打を記録。今季はキャンプインから1軍メンバー入りすると、オープン戦では4番を任されて適時打を放つなどアピールに成功している。主力級選手が仕上がりを見せていく今後は、藤原恭大外野手、安田尚憲内野手など実績のある若手選手との競争も激化しそうだ。

西武は投手陣が課題、田村は“勝利の方程式”に次ぐ存在になれるか?

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY