田澤純一が加入の台湾プロ野球が開幕 5球団体制となりCPBL主導で“最強”結成へ

台湾プロ野球が開幕した【写真提供:中華職業棒球大連盟CPBL】
台湾プロ野球が開幕した【写真提供:中華職業棒球大連盟CPBL】

蔡英文・総統も観戦の開幕戦は中信兄弟が制し、林威助・新監督の初陣飾る

 台湾プロ野球の2021年シーズンが開幕した。今季の台湾プロ野球は、味全ドラゴンズが22年ぶりに1軍に参入し5球団体制となったほか、元阪神で林威助氏の中信兄弟1軍監督就任、田澤純一投手の味全入団など、多くの話題がある。開幕数試合から、これらの話題を中心に紹介しよう。

 台湾では昨春、政府の「先手先手」の取り組みにより、新型コロナウイルスの感染拡大の抑え込みに成功、台湾プロ野球がプロ野球リーグとして世界に先駆け開幕、観客を入れて試合を開催したことについては、ご記憶の方もいるだろう。その後、CPBLによる防疫体制の徹底もあり、台湾シリーズは入場者数を収容人員の上限78%まで緩和して開催した。

 しかし、昨年12月、台湾では約8か月ぶりに市内感染が発生、今年1月には院内感染から市内感染が複数確認されたこともあり、台湾社会に緊張が走った。CPBL各球団も春季キャンプや練習試合の非公開を決めたが、その後、抑え込みに成功、台湾プロ野球も予定通り開幕を迎えた。

 3月13日、台湾南部・台南市の台南球場で2021年シーズンの開幕戦、中信兄弟対統一セブンイレブンライオンズが行われた。恒例により昨年の台湾シリーズの対戦カードとなった開幕戦には、蔡英文・総統もかけつけた。蔡・総統は試合前、統一の林岳平・監督らにチャンピオンリングの贈呈を行い、バックネット裏で観戦を楽しんだ。久しぶりの台南球場での開幕戦ということもあり、この日、同球場には収容人員の上限78%いっぱいとなる7800人のファンがつめかけた。

元阪神の林威助・新監督が初陣を飾る

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY