12与四死球でもなぜ勝てた? 鷹・今宮の超絶美技が象徴する“王者の一体感”

ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】

初回2死満塁の大ピンチで飛び出した今宮のスーパープレー

■ソフトバンク 3-2 ロッテ(27日・PayPayドーム)

 劇的なサヨナラ勝ちで開幕2連勝を飾ったソフトバンク。27日にPayPayドームで行われたロッテとの開幕第2戦は投手陣が計12与四死球を与える乱戦の中、同点で迎えた9回に今宮健太内野手が中越えのサヨナラ適時打を放ち、試合に終止符を打った。

 この日のヒーローは文句なしに今宮だった。最終回のサヨナラ打だけではない。最も大きかったプレーの1つは初回に見せた超ファインプレーだった。

 立ち上がりから制球の定まらなかった先発の高橋礼。先頭の荻野に死球を与えると、2死から安田にも死球。菅野、中村奨には連続四球を与えて押し出しで1点を失った。今宮の美技が飛び出したのは、このあとだった。

 なおも2死満塁の大ピンチ。ここで鳥谷が放った打球は三遊間への痛烈なゴロとなった。これを今宮は横っ飛びでダイビングキャッチ。さらに体勢が整わないままにノーステップスローで一塁へと送り、間一髪のところでアウトにした。抜けていれば、大量失点につながりかねないところで、流れを止めるビッグプレーだった。

 今宮自身は試合後に「結果的に終わった時に考えると、あの満塁は非常に大きかったと思いますし、みんなで粘って粘って、いっぱいフォアボール出ましたけど、なんとか2点に抑えて、攻撃で追いついて。勝って本当に良かった」と初回のプレーの大きさを認める。そして、このプレーに、4年連続で日本一となっているソフトバンクの強さの真髄が見える。

「チーム一丸となって助け合うことで、強くなったり、一体感が生まれる」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY