大谷翔平は「ベーブ・ルース以来最高の二刀流」 活躍に“感銘覚える”と米メディア

エンゼルス・大谷翔平【写真提供:Angels Baseball】
エンゼルス・大谷翔平【写真提供:Angels Baseball】

OP戦の活躍に「能力に問題はないことを思い出させた」

 メジャー4年目を迎えたエンゼルス大谷翔平投手は二刀流完全復活に向け、順調に調整を進めている。ここまでのオープン戦では11試合に出場して打率.571、5本塁打、8打点。投げても渡米後最速となる101.9マイル(約164キロ)を計測した。米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・レポート」は「2021年スプリングトレーニングにおける最大の『驚き』と『失望』」とした記事で、大谷の驚異的なパフォーマンスについて「感銘を覚える」と伝えている。

「ブリーチャー・レポート」は“驚き”に「ショウヘイ・オオタニの二刀流復活」を挙げ、次のように伝えている。

「今春、打撃において最も感銘を覚えるのはほぼ間違いなくショウヘイ・オオタニだろう。投球において最も感銘を覚えるのは…… まあ、こちらもほぼ間違いなくショウヘイ・オオタニだろう。防御率は7.88だが、8イニングで14の三振を奪った過程で100マイル(約161キロ)を出し、破壊力抜群のスプリットとスライダーを投げた」

 大谷が今季二刀流として活躍を続けられるかについて「疑問を持つのはもっともだろう」と指摘。昨年までの3年間においては、怪我や2020年シーズンの打撃不振によって「頓挫した」とした説明する。

 だが、このオープン戦での圧倒的な活躍は「オオタニの純粋な能力に問題はないことを思い出させてくれた」と解説。「健康を維持できればベーブ・ルース以来となる最高の二刀流スターとしてのポテンシャルを存分に発揮するかもしれない」と予測している。

昨季の両リーグMVPらは「OP戦で失望した選手」に

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY